HSPとの付き合い方

HSPの合わない人とその対処法

日本人の平均寿命は84.10 歳と言われていますが、その間にHSPのあなたは何人の人と出会いそして別れを繰り返していくのでしょうか。

「人生で何らかの接点を持が30000人。 学校、仕事などを通じて近い関係になるのが3000人。

親しい会話ができる関係が300人。」(引用元:朝礼スピーチのネタ帳ブログ さん)

おそらく思っていたより数が多くて驚いたという方は多いと思います。


さすがにそれだけの人に出逢うということは一生の付き合いになる人もいれば1秒でも早く付き合いを止めたい、ぜったい合わないと思う人もいることでしょう。

今日は後者のHSPにとって合わない人への対処法についてお話をしていきます。

HSPの合わない人とその対処法①
ストレスになる人(合わない人)とは接点を作らない


HSPにとって人に対してストレスを感じる要因は様々で、とにかくうるさい人、協調性のない人、攻撃的な人は天敵と言えるでしょう。

分かりやすく言うとHSPの自分と全く真逆の人間性をもった方になります。


そういう人と出会ってしまった場合、「あ、ちょっとこの人は合わないかもな」と思ったら少しずつ距離を作るか初めからちょっとドライな態度を取るとお相手から離れていくと思います。

しかしHSPの気質部分で誰にでもいい顔をしてしまうという点も持ち合わせている為、変にニコニコして相手の問いにYESばかりで答えているといつの間に「この人は親友」と相手から思われちょっと面倒なことに・・・というのは良くあるパターンです。(私もよくありました・・・)

HSPの合わない人とその対処法②
会社の上司や同僚が合わない人の時


これもよく質問を受けることが多いです。会社の上司や同僚に対して苦手感をもっているけど、どうしても接点を切れない。

こういう時は相手の性格を変えたりするのはどうしても無理なので自分の中にあるマインドを少し変えていただく努力をお願いしています。

別に好かれなくてもいいと開き直って接してみる
特に上司=好かれないとまずい と思っている方は強くHSPの場合は責任感の強さがそういう気持ちに強くさせてしまっています。

なので上司と話すときにはひどく緊張してしまい、結果苦手意識を持つきっかけになってしまっているのです。

「この人に好かれなくても私は生きていける」そう思うだけで少し気分が楽になります。

タイミングを狙って一気に用事を済ます
上司も一人の人間です。機嫌がいい時もあれば悪い時もある。

ここでHSPが使えるテクニックとして相手がどんな気分か鋭く気付くことができるので、もし上司が今日は笑顔が多いとか機嫌がなんだか良さそうという時にまとめて報告や案件を済ませてしまうなどはおススメです。

どうしようもない時は接点をメールだけにする
もう辛くて辛くてしょうがないという方には連絡方法を変えてみましょうというお話をしています。

現代の仕事の仕方において既にリモートワークなどが始まっているくらいですから直接会って話さなくても仕事を進めていくことは可能です。

どうしても話をしたくない時はメールなどのツールで報告などを行う様にしてみましょう。


HSPの合わない人とその対処法③ 我慢を美徳する人

man standing on cliff facing bod of water
Photo by Paul Gilmore on Unsplash

世の中には我慢することがカッコよくて正しいと思う人がいます。

またそれを他人へ押し付けてくるのです。

しかしHSPは既に周りの空気を読んで十分我慢して来ていますので、他人から我慢することを押し付けられると反射的に「もうやってるよ」ととても不快な気持ちになります。

そういった人へHSPが自分から「もう十分我慢しています」とは言いづらいので、やんわり「そうですよね~」と言って受け流す程度に聞いた方がいいでしょう。

HSPの合わない人とその対処法④マウンティングしてくる人

black and gray robot toy
Photo by Stillness InMotion on Unsplash

マウンティングとは自分の方が相手よりも立場が上であること、また優位であることを示そうとする、行為や振る舞いのこと指します。

マウンティングが得意な人は、何か議論をしている時に自分の得意分野に話をすり替えて「私は知っている、あなたは知らないから愚かだ」と決めつける様な話し方をしてきます。

まるで相手を尊重して話を聞くことができるHSPとは対照的な人です。

こういった人は初回こそその人の事を知らずに話してしまいますが、2回目以降は相手の土俵に乗らない様に議論する場を作らない様にしましょう。

HSPの合わない人とその対処法⑤ 他人の気持ちを考えないひと

silhouette of person on a dark place with smoke
Photo by Elti Meshau on Unsplash

5つ目は他人の気持ちを考えない人です。

HSPはどちらかというと意識が他人軸で考える傾向にあり、他人を優先します。

そんな中「他人のことは知らない」「自分が良ければいい」という人も見ると怒りが湧いてきます。

そういった人と関わること時点で自分もその人の勝手な考えや行動に巻き込まれると可能性があるので

こちらも近寄らない方が良いでしょう。

HSPの合わない人とその対処法⑥ マイナス思考の人

blue and white abstract painting
Photo by Jr Korpa on Unsplash

HSPは感受性が強く、周りの意見や感情の影響を受けやすいです。

その中でマイナス思考で自分にとってプラスにならない様なことばかり言う人には注意が必要です。

例えば自分がやる気に満ち溢れている時に、相手から「そんなのできないに決まってる」「無理だよ」と言った感じで言われてしまうと「たしかに、できないかも」と考えてしまうのがHSP気質です。

時にはそういった性格が「素直」と表現されることがあるのですが、悪く言えば流されやすいのかもしれません。

HSPの合わない人とその対処法⑦マナーを守らない人

people on elevator inside building
Photo by Henry & Co. on Unsplash

HSPは良心的で、世の中のルールやマナーを守らない自己中心的な人に対して怒りを感じます。

例えばレジに並んでいて、列に割り込んでくる人がいたり公共の場で騒ぐような人がいる様なケースです。

集団の中でどちらかというと周りの模範となる行動するHSPにとっては、こういったマナーを守らない人は合わない人と言える事でしょう。

HSPの合わない人とその対処法⑧自己愛が強すぎる人

black and red floral happy birthday signage
Photo by Annie Spratt on Unsplash

HSPは自己肯定感が弱い傾向にあります。

そんな中で自己肯定感が強すぎる、自己愛が強い人を見ると接点を作るだけで疲れます。

又、洞察力も高い為あまりに「自分は正しい」「自分は努力して成功している」といった姿をアピールされ過ぎると「この人、何か裏があるのではないか」と疑った見方をしてしまうのです。

HSPの合わない人とその対処法⑨常識が合わない人

red and white Do Not Enter street sign
Photo by Tech Nick on Unsplash

これは学校、職場、プライベートであることなのですが、よくよく話していると自分が持っている価値観と相手が持っている価値観が違う時ってあると思います。

HSPは良心的で、どちらかと自分が正しいと思ったことに対して曲げることをしたくありません。

実生活では無いとは思いますが、誰も見てないならやってしまっていいという感覚な人や成功する為なら犠牲も厭わないといった感じの方です。

HSPにとってその様な人は避けるべき人に当たるでしょう。

HSPの合わない人とその対処法⑩ フットワークが軽い

girl running on grass field
Photo by Julia Raasch on Unsplash

フットワークが軽い人は「あれをしよう」「ここへ行こう」と提案する為、相手のペースに巻き込まれがちです。

HSPは一つ一つのことを深く考え、意味を理解した上で行動したいタイプですのでこういったとりあえず行動してみようという目的があいまいな行動を嫌う傾向があるのです。

HSPの合わない人とその対処法⑪汚いことに鈍感な人

water splashing on two running people
Photo by Josh Calabrese on Unsplash

HSPは美的感覚に優れ、美しいものを愛する傾向があります。

ですので、部屋が汚ないことやお風呂にあまり入らないなどそういった感覚に鈍い人とはあまり上手くいきません。

そういった方と出会うケースもレアケースかもしれませんがもしもの時の為に、自分がどういった価値観の人と付き合っていきたいか軸はもっておきたいです。

HSPの合わない人とその対処法⑫怒りっぽい人

man in white crew neck t-shirt wearing black sunglasses
Photo by Mauro Lima on Unsplash

HSPは大きな音や感情的に怒ってくる人が苦手です。

HSPの特徴でもある感受性の高さをそういった不快な感情で満たされると非常に疲れを感じる為です。

また怒っている人を見かけると、まるで自分が怒られている様な気分になりショックを受けるというケースもあります。

HSPの合わない人とその対処法⑬スキンシップをしてくる

human hand
Photo by Luis Quintero on Unsplash

HSPは刺激に弱く、肌に何か触れることに対して敏感です。

コミュニケーションの方法として、頻繁にボディタッチしてくる様な人は苦手かもしれません。

潔癖症な訳ではないのですが、あまり家族や恋人でもない人にベタベタ触られるいい気がしませんし、触る方もどうかと思う節もありますが。。。

HSPの合わない人への対処法 まとめ
合わない人はどうやっても合わない

Photo by Jr Korpa on Unsplash


これは結構思い切った考え方なのですが、「この人合わないな~」と思う人と合わないのはあなたのせいではないのでどうしようもないことです。


なので一層考えるのは止めて気にしない事です。
(そんなに簡単に言われても気になるのがHSPという感じもありますが)

というのは誰かと合わないと悩んでいる時間はあなたの貴重な時間をその合わない相手に奪われていることと同じなので、それでは何だか嫌な気持ちになりますよね。


であれは今の自分や大切な人の為に時間を使った方が有意義であるとお伝えしたいです。

HSPの合わない人への対処法を読んだあとのおすすめ記事

開業価格/HSPに関する質問とご相談お受けします 現役HSP心理カウンセラーによるカウンセリング