HSPとの付き合い方

HSPが知っておきたいストレス対処法【役に立つ】

HSPにとって自分がHSPと知り毎日を生活していくことと同じくらいストレスを感じた時にどう対処していくかということは大切です。


周りから色んな刺激を受け疲れやすい訳なのですが、近年それを放置してうつ病や自律神経失調症を発症する方も増えてきています。


ストレスからの回復法をこのページではご紹介します。

HSPのストレス対処法①マインドフルネス瞑想をしてみる

woman in black shirt and gray pants sitting on brown wooden bench
Photo by Katerina Jerabkova on Unsplash


・椅子に座って呼吸に意識を向ける(横になってもOK)
・お腹の膨らみや縮んだりすることに集中する
・吸い込む時は息を少し涼しく感じて吐き出す時は温かく感じる様なイメージ
時間は5分くらいから徐々に伸ばしていって1日20分くらいが目安です。

HSPのストレス対処法②1人の時間を大切にする

silhouette of man during sunset
Photo by Austin Mabe on Unsplash


何だか疲れた時にカラオケや飲み会でストレス発散するという方もいますが、HSPにとってそれらは刺激が入ってきている状態に変わりはなく疲労回復にはなりません。

疲れたあなたの気持ちを癒す方法として1人になって横になったり、刺激を取り入れないゆっくりした時間も
作ってみましょう。

HSPのストレス対処法③美しい風景を見たりや心地の良い音楽を聴く

woman laying on bed near gray radio
Photo by Eric Nopanen on Unsplash


感受性が高いHSPにとって何気ない風景や物に対しても感動することができます。

旅行に行って知らない土地で今まで見たことがない美しい風景を見たり、コンサートやYoutubeでヒーリングミュージックを聴くことで頭をスッキリさせることができます。

HSPのストレス対処法④心を許せる友人と話す

people holding shoulders sitting on wall
Photo by Duy Pham on Unsplash


気を遣うことなく、思ったことを話せる友人と話す時間を設けます。


普段気を遣って自分が思ったことや感情を抑えがちなHSPとってこういった時間はとても新鮮であり大切です。

HSPのストレス対処法⑤しっかり睡眠をとる

white cat sleeps under white comforter
Photo by Kate Stone Matheson on Unsplash



日頃色んな事が頭を巡って疲れやすいにとってその疲労回復には睡眠が非常に重要です。

寝る前に長時間PCやスマホをいじるのを止めたり音楽や温かい飲み物でリラックスして質の良い睡眠をとりましょう。

HSPのストレス対処法を読んだあとのおすすめ記事


自宅からHSPの相談をしたい方向けオンラインサービス <AD>

【国家資格の臨床心理士に相談できる】うららか相談室
利用者満足度93%のオンラインカウンセリング。

国家資格の臨床心理士・公認心理士に気軽に相談できて的確なアドバイスを受けることができます。
HSPだけでなく仕事に就いての悩みもキャリアカウンセラーにできる為、ワンストップで悩みを解決してもらえると話題に。

臨床心理士など、150名以上の専門家に相談できる
4種類のカウンセリング方法から選べるビデオ・電話・メッセージ・対面
誰にも知られず、匿名での相談が可能
料金メッセージカウンセリング 3往復(3,960円)
ビデオカウンセリング50分(5,280円)
電話カウンセリング50分(5,280円) 
対面カウンセリング50分(5,500円)  
※価格は税込み表示

カウンセリングに満足いかなかった場合の
利用料金分のポイントを全額返還キャンペーンを実施中
※2022年3月25日(金)まで
申し込み方法STEP1 カウンセラーを探す
STEP2 申し込み
STEP3 カウンセリング
受付時間24時間予約可能・当日カウンセリング可能
支払い方法クレジットカード・コンビニ払い・銀行振込み
運営会社株式会社ココドコロ