HSPとの付き合い方

HSPが怒ると怖い理由を考えてみる

man in black long sleeve shirt

HSP(ハイリーセンシティブパーソン)はお話をしていると基本的に温厚でゆったりとして性格な方が多い印象を受けます。

又、普段怒っている人を見るとそれらがまるで自分に向けて発せられている様に感じてしまって不快になる為、あまり怒らない様にコントロールされている方もいらっしゃいます。

このページではそんなHSPが怒ると怖い理由を考えていきます。

HSPが怒ると怖い理由を考えてみる①怒り慣れていない

HSPは前述した通り、普段から怒りに対して自分が行って周囲を不快にさせない様に気を遣っている様な点があります。

ですので滅多に怒ること自体が無く、たまに怒った時にどこに怒りをぶつけていいのか上手く処理できず表現してしまうことがあるのです。

普段から怒りに対して抑圧されていることが原因の一つでしょう。

HSPが怒ると怖い理由を考えてみる ②一気に吐き出してしまう

HSPが滅多に怒ることが無いのは実は普段から言いたいことも我慢して言わない様にしている背景があるからにすぎません。

周囲から見てもあまり怒らない優しい人というイメージが付いていることがあるせいもあるのですが、HSPは怒った際には我慢していたことを一気に吐き出すので怖い様に受けとらえられてしまうのかもしれません。

いずれにしてもHSPが表立って怒りを表現する時は相当ストレスが溜まっていたりすること多いでしょうから感じていたことを共有するつもりで話すことは良いことです。

怒ったあとに何だからとてもスッキリした様な気持ちになることが多いです。
※しかしこれは一時的なものであとから怒ってしまった為の自己嫌悪に陥りやすいです。

HSPが怒ると怖い理由を考えてみる ③怒っている自分自身が刺激になっている

HSPは他人が大声で怒鳴っていたり、怒っている姿を見るとそれが自分ではない人に向けられていたものであってもショックを受けてしまいます。

これが実は自分が怒った時に自分自身が刺激として受けてしまっていることは意外に知られていません。

例えば大声出してみたとしたらその刺激が自分に対して返ってきてしまって更に怒りを助長させてしまっているのです。

大抵の場合、「やっぱりあんなに怒らなければ良かった」と後悔するHSPは多いと思いますがあまり激しい怒り方は自分にとってもプラスにならないことを覚えておきましょう。

HSPが怒ると怖い理由を考えてみる を読んだあとのおすすめ記事

<累計メール相談数が100件を越えました>
HSP相談