HSS型HSPについて

HSS型HSP気質に疲れると感じる人へ対処法

HSS型HSPの気質は刺激を求めるところとHSPの繊細なところを合わせ持っているので、1日の中でも感情がたくさん揺れ動く為疲れを感じるHSP型HSPは多いです。

あまりその両方の気質について理解していないと疲れを感じたままにして、刺激の中にまた突き進んでしまうので休みの取り方が一般的にあまり上手ではないのかもしれません。

このページではそんなHSS型HSPに最適な休み方を述べていきます。

HSS型HSP気質に疲れると感じる人へ対処法①休みの日を決める

two person on green mesh hammock outdoor
Photo by Spring Fed Images on Unsplash

HSS型HSPは常に頭の中で何かを考えて、興味があることを頭に浮かべるとすぐに行動したくなってしまって体を休めるより行動していくこと選んでしまいがちです。

身体に動けるくらいの疲労感でしたら無難にできてしまったりするのですが、身体が疲れているのに動いてしまうと後日その疲労感が日常生活にも影響を及ぼしてしまいます。

ですので、何となく休もうかなくらいの感覚ですと行動してしまうので予め「この日は出掛けずに休もう」という日を決めて置くことが重要です。

HSS型HSP気質に疲れると感じる人へ対処法②自分の気持ちを整理する

person writing on white paper
Photo by NeONBRAND on Unsplash

HSS型HSPはやりたいことが頭にたくさん浮かんできて、それに対して「できるかな」と不安になったりします。

たくさんのことに対して不安になるので、そのままにしておくより一つ一つこうしていこうと計画を立てたりやっぱり止めておこうと取捨選択することで気持ちが楽になります。

ぼんやりしていてはっきりしないことをあまり好まないからなのかもしれません。

HSS型HSP気質に疲れると感じる人へ対処法③マインドフルネス

woman sitting on seashore
Photo by Simon Rae on Unsplash

普段の生活の中で「そんなに頭を使ってないけど疲れる」と感じている方もいるかもしれませんが、脳疲労の原因は雑念です。

脳のエネルギー消費の60%は雑念を考えている時だと言われています。

例えるなら車の無駄なアイドリング状態といった感じ。

少し疲れを感じたらマインドフルネスがおススメで、雑念が消えて気分がすっきりします。
詳しい方法は下記ページをご参照ください。

HSS型HSP気質に疲れると感じる人へ対処法を読んだあとのおすすめ記事