HSPとの付き合い方

HSS型HSPの結婚相手に伝えたいこと

HSS型HSPのパートナーと交際されている方にとって、パートナーの気質を知ることは交際を長続きさせて結婚へのステップに繋げていく為に非常に重要なことです。

HSS型HSPを知る前と知った後では、彼・彼女・夫・妻の行動が違ったように見えると思います。

このページではHSS型HSPのパートナーと結婚した、これからするという方向けに知っておくと気が楽になる点を述べていきます。

HSS型HSPの結婚相手に伝えたいこと① 用事の頼み方のコツ

man on grass field looking at sky
Photo by Benjamin Davies on Unsplash

HSS型HSPは刺激追及型と呼ばれていて、適度な刺激がストレスのない状況を作ります。

例えば、一つの職場に何年も通って続けていくことが少し難しかったり、外出したいと言い出したり、家に居ても何かしらしていて忙しい様に見えるかもしれません。

自分がやりたいタイミングでやりたいことがあって、違うタイミングで強制されると少し不快になります。

ですので、やって欲しいことがあった場合は少し時間的余裕を持たせると良いでしょう。

すぐにやってという言い方をすると自分がやりたいことを邪魔された気分になりがちなので、午前中や午後まで、今日中と言った形で少し時間が空くHSS型HSPは行動力もあってHSP特有の良心的な面をもっているので快く引き受けてくれます。
※当然やらされている感覚ではなく、お互いの為にやっているという感覚は持っています。

HSS型HSPの結婚相手に伝えたいこと② 愛している気持ちを伝える

two heart-shaped balloons on a pink background
Photo by Akshar Dave on Unsplash

HSS型HSPにはHSPの気質である感受性の高さがありますので、嬉しいこと悲しいことをとても強く感じています。

普段から一人作業が好きで黙々と色んなことをしているイメージが強いかもしれませんが、もちろんあなたのことも常に気にかけています。

そんな折、あなたから愛情を伝えられるととても嬉しくとても幸せに感じると思います。

そしてその気持ちを感じているだけでなく、パートナーであるあなたにもちゃんと返してくれると思いますので気持ちはストレートに伝えてあげる様にしましょう。

HSS型HSPの結婚相手に伝えたいこと③ 喧嘩をしたら一人にさせる

two toddler pillow fighting
Photo by Allen Taylor on Unsplash

これはHSPの気質なのですが、ストレスを自分のキャパシティー以上に受けると一人になって刺激から離れようとします。

もしあなたがパートナーと喧嘩をして、一人でどこか行ってしまった場合しばらく一人にさせておきましょう。

HSS型HSPにとって一人で状況を整理して、頭をリフレッシュしてまた向き合う為に必要な時間なのです。

ただあまりずっと一人にさせてしまうと寂しさを感じたり、深く考えてスパイラルに陥る可能性もあるので長くても数時間だけと捉えておいてください。

HSS型HSPの結婚相手に伝えたいことを読んだあとのおすすめ記事