HSS型HSEについて

HSS型HSPな人の特徴

silhouette of woman raising her right hand
\満足度93%のHSP相談はこちら/

<提携先オンラインカウンセリング>

HSS型HSPのHSSはHigh Sensation Seekingの略で、内向的なHSPに対して外交的で好奇心が強い刺激追及型HSPになります。「刺激に敏感なのに、刺激を求めてしまう」まるでアクセルとブレーキを同時に踏んでいる様な状態と言われる程、その気質は少し複雑です。
このページではHSS型HSPの方にどんな特徴があるのか挙げていきます。

HSS型HSPな人の特徴①飽きっぽい

man sitting in the top of the mountain
Photo by Anthony Tori on Unsplash

HSS型HSPは刺激に敏感なのに刺激を求める様な外交的で好奇心が強い面があります。


その好奇心の強さ故に「行動力がある人」と称されることが多く、それ故人と出会うことも多いのですが会話の中で相手に突っ込まれてしまったり、自分が言い過ぎたりしてしまうと家に帰って一人になった際「あの人は自分のことが嫌いなのかな」とか「言い過ぎてしまった」と一人反省会が始まります。

こういった一人で反省会をしているなんてことは当然周りの人は知りません。
そういったギャップに苦しみながらも周りとの評価のギャップに苦しむHSS型HSPも少なくありません。一見大胆そうに見えて実は繊細なのがHSS型HSPなのです。

HSS型HSPな人の特徴②人と仲良くなるが少し距離をおきたくなる

group of people setting up campfire
Photo by Kimson Doan on Unsplash

HSS型HSPは社交的で人付き合いが良い様に周りから思われる為、比較的早く友人関係を築くことができます。

しかし少し経つとその友人関係に疲れたり飽きてしまう為「ちょっともう会いたくないな」と
相手と距離を作ろうとする面があります。
そういった考えが頭をよぎることに自己嫌悪を覚えるHSS型HSPも多いのですが、
これはあなたの本心ではなくHSS型HSPの気質がそうさせているだけなのであまり気にしない様にしましょう。あなたが悪い訳ではないのです。

HSS型HSPな人の特徴③外出するのが好きだが疲れる

Shinjuku, Tokyo, Japan
Photo by Manuel Cosentino on Unsplash

HSS型HSPは外出するのことが好きです。抑圧されて室内にずっといると刺激が足らずそれがストレスになってしまう為です。

しかしHSS型HSPもHSPの気質も持ち合わせていますので、騒音、ライト、匂いなどがストレスに変わり
外出した後に急に寝込んでしまったり一人になりたくなることがあります。

そういった時は心が感じたままに休息を取りましょう。

HSS型HSPな人の特徴④じっとしているのが苦手

woman spreading hair at during sunset
Photo by Aditya Saxena on Unsplash

HSS型HSPはデスクワークなどで疲れた時に「あ~ゆっくりしよう」と思ってソファーなどに座って休憩しても考えが頭を頭を巡ってなんだか休憩することが苦手です。

なのでゆっくりしようとしても結局すぐデスクへ戻って仕事を再開したり、なんだか落ち着きがない感じになってしまうのです。

日中働いている方であれば夜眠くなった時にしっかり睡眠を取って脳に休息を与えていくことが大切になってきます。

HSS型HSPな人の特徴と一緒に読みたい記事

ツールバーへスキップ