HSPとの付き合い方

HSP診断テスト(チェック項目)

\満足度93%のHSP相談はこちら/

<提携先オンラインカウンセリング>

このページに辿り着いた方は普段の生活で何かHSPに関して気付く自身の行動や考え方があって来られた方がほとんど方と思います。

この記事内に書いた項目にYESとお答えいただいた数が多ければ多いほどHSP強度は高いといえます。

ぜひ参考にしてみたください。

HSP(Highly Sensitive Person)ハイリー・センシティブ・パーソンとは

HSPとは1996年アメリカの心理学者のエレイン・N・アーロンにより提唱されたHighly sensitive personの略で高い感覚処理感受性を有する人、または気質のことを指します。

HSPの特徴

  • 一つのことを深く考えるのが好き
  • 共感しやすい
  • 感受性が豊か
  • 人にやさしくできる
  • 大きな音や光の刺激が苦手
  • 人混みが苦手
  • 気を読み過ぎて疲れる
  • 近くで誰かが怒られていると自分が怒られている様な気分になる
  • 忘れたい過去が繰り返し蘇る
  • 他人に何か指摘されると中々そのことが頭から離れない
  • 周りが自分をどう思っているか強く気になり不安になる

HSPとは上記の様な特徴がありますが、病院やクリニックへ行かれる際も「治療」を目的として治すものではありません。
診療やカウンセリングをお受けになる際も「HSPを治したいので薬を処方して欲しい」といったスタンスより薬物治療なしでHSP気質が改善する考え方やコツの習得を目指されたらと思います。

HSP診断テスト いくつ当てはまりますか?

  • 何気ない風景や物事に感動できる
  • 他人の気持ちに影響を受けることが多い
  • 痛みに敏感だ
  • 休みの日は刺激から離れて一人で部屋に居たい
  • 強い匂い、光、サイレンの音などが不快に感じる
  • 自分に対して良心的な方だと思うが複雑さも感じる
  • 大きな音が不快
  • 芸術や音楽に深く感動できる
  • イライラした時は一人になることがある
  • 簡単にびっくりする
  • 短時間で色々やることがあるとストレスになる
  • 他人が何か不快に感じていることに敏感でそれを解決しようとしたくなる
  • 一度に色んなことをする(マルチタスク)は苦手
  • 間違えたりしない様に常に気を付けている
  • 暴力的な映画や映像が苦手
  • 周りが騒がしいと落ち着かない
  • 空腹を感じている時は他のことに集中できない
  • 環境が変わったり変化していくことにストレスはない
  • 些細な香りや花の美しさに気付くことができる
  • 誰かに観察や見られている状況では自分のパフォーマンスが発揮しずらい
  • 子供の頃や成人になっても恥ずかしがり屋といわれる

HSP診断テスト 結果

基本的に10個以上当てはまった方は軽度のHSPの可能性があり、あてはまる数が多くなるについて強度は上がっていきます。
まずは自分がHSPがどうか知ることからアクションをとっていきましょう。

HSPの種類

Mitsu
Mitsu
自分がHSPだと知ることで半分以上の人が心の重荷が取れた様な気分だと話しています。

自分がHSPだと思う方向けの記事一覧

ツールバーへスキップ