HSPとの付き合い方

HSPが車の運転が怖い7つの理由

\満足度93%のHSP相談はこちら/

<提携先オンラインカウンセリング>

これは一概には言えないことの様な気もするのですが車やバイクを運転する時に最新の注意をしているという点は同じだと思います。

そしてリスクを冒すことに心配してしまうHSPにとってその気持ちはかなり強いはずです。

それは危機管理能力に優れていることでもあるのですが、ただ通勤や外出で車を使わないといけないHSPさんは多くいらっしゃると思いますので、ここでは少しでも心配な気持ちが和らぐ方法をお伝えしていきます。

なぜ車を運転することに対してHSPが怖いと感じるのか理由を知ることは心理的な不安を解消する大きなステップになります。

HSPが車の運転が怖い7つの理由① 運転に対する不安

person holding steering wheel
Photo by CHUTTERSNAP on Unsplash

HSPにとって運転時の予期せぬ出来事、つまり事故に対する恐怖感が強く出る傾向があります。

もしもそういうことが実際に起きてしまった時様に自分を守る証拠としてドライブレコーダーを付けておくことで少し心配な部分が緩和されるのではないでしょうか。

今は安価で性能が良いドライブレコーダーがたくさんありますからぜひ用意してみましょう。

HSPが車の運転が怖い7つの理由② 任意保険に入っておく

vehicle headlight
Photo by Sarah Brown on Unsplash

これも運転に対する不安対策でかなり現実的なお話ですが(笑)

自賠責保険だけでなく任意保険も加えて入ることで補償内容がアップしてもしもの時への不安が少なくなることでしょう。

もし不運にもあなたが運転する車が人にぶつかってしまって相手が亡くなってしまうと巨額の賠償金を背負うことになりますが、任意保険に入っておけば不測の事態にも金額として無制限で対応してくれることがあります。

HSPが車の運転が怖い7つの理由③ メリットと同時にリスクも考える

black sedan
Photo by Samuele Errico Piccarini on Unsplash

運転による行動範囲の拡大というメリットと同時に、HSPはその危険察知能力から「もし運転中に人とぶつかってしまったら」「前から車が突っ込んできたら」などを考えると車を運転するのは止めておこうというリスクを考えてた行動を取るHSPもいます。

しかしリスクを考えるのであればその逆にメリットも考えていこうという話なのですが、車やバイクを使うことで時間に縛られず自由に移動できる行動範囲をかなり広げることができます。

あなたがまだ知らない新しい場所に足を運ぶ時にも大いに役に立つことでしょう。

HSPが車の運転が怖い7つの理由④ 疲労感を感じやすいから

closeup photo of black analog speedometer
Photo by CHUTTERSNAP on Unsplash

長時間ドライブなどは特に前方に集中していますのでHSPや非HSPにとっても疲労感を感じやすい状況になります。

特にHSPは一つのことに集中する能力に長けています。

故に、かなり集中して事故を起こさない様に運転をするので知らぬ前に肩肘、目などに力が入っていて
疲労感を感じやすいのです。

1時間運転したら休憩を取るなどして、身体をケアしながら運転をしましょう。

HSPが車の運転が怖い7つの理由⑤ 危険察知能力が高いから

Photo by Richard Goff on Unsplash

HSPは危険察知能力が優れていて、身に危険が迫ることやトラブルの発生に関して事前に察知して気を付ける気質があります。

例えば前からちょっと派手な色の車や改造した様な一見危ない車が近寄ってくると恐ろしく感じ、あなたはその車から離れる様にするでしょう。

このあたりがいわゆる無頓着で相手の車のトラブルに巻き込まれることもありますので
HSPの危険察知能力は運転時においてもプラスに働くのです。

HSPが車の運転が怖い7つの理由⑥ 助手席に気を遣う

parked brown Volkswagen beetle
Photo by Dan Gold on Unsplash

これはよく聞く話なのですが、HSPさんは助手席や後部座席に人を乗せた運転をする時に
内心「もし事故を起こしたら大変なことになる」と過剰に心配してしまったり、助手席に座った友人や上司・同僚に気を遣って喋り続けて結局ものすごく疲れたというエピソードです。

HSPは気遣いができる優しい面がありますが、そういった気質が過度に働く狭い空間の車内などは少し苦手なのかもしれません。

HSPが車の運転が怖い7つの理由⑦高価な物に乗っている緊張感

blue Volkswagen Polo 5-door hatchback
Photo by Jose Carbajal on Unsplash

一度車を購入しようとすると新車なら最低でも200万円以上使うことになり、まだまだ高価な印象です。

それが例え自分の車であっても高価な物を使っている時はとても緊張するものです。

HSPは想像力に優れている為、事故に遭ったや車両が壊れた事を鮮明に想像します。

故に過度に緊張を感じているケースもあります。

今は必要な時に乗れて安価で保険も付いたレンタカーやカーシェアリングという選択肢もありますから検討してみましょう。

HSPが車の運転が怖い7つの理由まとめ

上記でできるだけ車を運転することに対するリスクを減らす方法をお伝えした訳ですが、車は運転者によっては便利なツールにもなりますし凶器になることもあります。

昨今その意識の低さから飲酒運転や煽り運転をするドライバーが出てきて、悲しいことに犠牲に合われた方がいるのも事実です。

そういったことを考えるとHSPの危機管理能力は時代に合ったものになっているわけですが、当然私は運転しないという方がいてもいいわけで世の中には車やバイク以外の移動手段もあります。

あまり気になる様だったら電車移動、タクシー、自転車などの移動手段に変えて生活を送ってみるのもいいかもしれません。

HSPが車の運転が怖い7つの理由まとめを読んだあとのおすすめ記事

ツールバーへスキップ