その他

質問に質問で返す人の心理状態とは?【心理カウンセラー解説】

question mark neon signage

ビジネスシーンやコミュニケーションの取り方で必ずNGとされる質問に対して質問で返すという行為ですが、そう言われていてもしてしまう人が少なからず世の中にはいらっしゃいます。

果たして質問に対して質問で返してしまう人の心理状態とはどんなものなのでしょうか?

このページでは詳しく解説していきます。

質問に質問で返されるとイラっとする人がほとんど

大抵人が相手に対して質問をする際は分からない・不明点がある為にそれをはっきりさせたいということが大半です。

しかしそんな時に全く違う質問を返されたら「まず私の質問に答えて」と思うのが普通ではないでしょうか?

実際にとあるメディアのアンケートでは質問に明確な答えが返ってこないとイラっとする人がほとんどだったというデータがあるそうです。

質問に質問で返されるとなぜイライラを感じるのか

それでは人はなぜ質問に対して質問で返されるとイライラしてしまうのでしょうか?

相手が話を聞いていないと感じるから

通常であれば質問で疑問点を聞かれている訳ですから、その答えが次に帰ってくるのが普通です。

全く違う質問で返すということは話を聞いていないことと等しく、相手はイラっとしてしまうのです。

マナーとしてしないこととされているから

社会人であればビジネスマナーとして既に教えられていることや、実際に身をもって経験して先輩社員や上司に注意されてしてはいけないことと認識されている為、「マナー違反」として反感を買うことに繋がっている様です。

期待している答えと違う

質問をすればその答えを期待してしまうのが人です。

それがいつまでも答えが出て来ずにああでもないこうでもないことを言われると期待している答えと異なり時間の無駄と感じてしまいます。

質問に質問で返してしまう人の心理状態とは?①確認したい

two people sitting during day

これは真面目な人程よくあるのですが、質問された内容に対して完璧に応えたい為より内容を深く知ろうとすることです。

ただ残念なことにそうであってもまずはスムーズな会話の為に一度質問に対して答えた方が相手の心象は良いでしょう。

特に相手が怒っている時などは「さっさと答えろ」と更に怒らせてしまうケースがあります。

質問に質問で返してしまう人の心理状態とは?②質問に不満がある

woman in black long-sleeved top in front of green leafed tree

これは質問を受ける受け手側がどう感じているかという話なのですが、そもそも「なぜ自分が聞かれているのか」と不満を感じている時は相手に対して逆質問をぶつけるといったことはあるかもしれません。

そうった気持ちは恐らく言い方や態度で先方へ伝わるはずですから、逆に聞いてしまっても答えてくれるかもしれません。

当然質問される前提条件がおかしければ正常な問答は成り立たないためです。

質問に質問で返してしまう人の心理状態とは?③はぐらかしたい

man running towards the city on green grass field during golden time

そもそも答えるべき答えが頭に浮かんでこない、何か答えることで自分に不利益が生じることが考えられる為質問をはぐらかしたいという意図がある場合があります。

その場合は相手がしどろもどろになるはずですから、質問者にも「この人分からないんだな」ということを悟られてしまうことがほとんどでしょう。

質問に質問で返してしまう人の心理状態とは? 体験談

実際に私が会社員時代に質問に対して質問で答えてしまい怒られたことがあります。

また同僚も同様に怒られていることを見た事も幾度となくありました。

実際に「質問に質問で返すなよ!」と言われてるとドキっとしてしまうもので、もう失敗したくないと強く感じた思い出があります。

たしかにやり取り自体に時間がかかってしまうので、答えが明確な場合は一度現時点でできる回答を行ってから「でもそれって〇〇ですか?」「ところでそれってなぜ聞いたんですか?」とクッションを入れた方がやり取りはスムーズかと思います。

質問に質問で返してしまう人の心理状態とは? まとめ

実際にこのページに訪れる方は質問に質問で返してしまって怒られてしまった方や相手にされてしまってイラっとしたという経験をお持ちの方だと思います。

常に効率的な行動が求められる日本人らしいマナーの様な気がしますが、それに抗ってしまってもきっとコミュニケーションが取りづらくなるだけでしょう。

郷に入っては郷に従えではないですが、勉強につもりで「そういったマナーがあるのか」と次回以降繰り返さないという心持ちが大切なのかもしれませんね。