HSS型HSP付き合い方

人嫌いのHSPによくある3つの仕草【あるある】

woman sitting on chair beside table
\満足度93%のHSP相談はこちら/

<提携先オンラインカウンセリング>

HSP(ハイリーセンシティブパーソン)は人とのコミュニケーションで傷つくことを恐れるあまり、自分から積極的に他人と関わろうとしない様なことがあります。

それは常にそうといった事ではないのですが、時々起こることです。

このページではHSPが人嫌いになった時によくある仕草についてお話していきます。

人嫌いのHSPによくある3つの仕草①目を見て話さない

HSPがあまり人と関わりたくないなと思っている時のサインとして相手の目を見て話さないといった仕草があります。

どちらかというとあまり好意的な動作でない為、相手からも気付かれて早めに話を切り上げられたりすることもあると思います。

こういった気持ちであることを相手に知らせるには良いと思いますが、あまりやり過ぎてしまうと周囲へあまり良い印象は与えないでしょう。

人嫌いのHSPによくある3つの仕草②そもそも接触を避ける

white and green letter x sign

これはそもそもなのですが、HSPがあまり人と関わりたくないなと思っている時は極力接触自体を避けます。

通勤途中に前を同僚が歩いていても声を掛けなかったり、あえて目線を合わせず気付いていないふりをしてみたりと何かと気を遣ってしまいます。

総じて相手は自分に対してそんなに気を遣っていないのでこの場合は自分だけが気疲れしている様なことが多い様に感じますね。

人嫌いのHSPによくある3つの仕草③疲れている

silver tabby cat lying on white textile

これは仕草というより状態なのですが、HSPが人を避ける時は刺激を受けすぎて疲れていることが多いと思います。

しかしこれは自己防衛機能的なものでその行動は正しいことになります。

また疲労から回復すればきっと普通に話すことができるあなたが戻ってくることでしょう。

その時をゆっくり待ちましょう。

人嫌いのHSPによくある3つの仕草を読んだあとのおすすめ記事

ツールバーへスキップ