HSS型HSP付き合い方

HSS型HSPだと気付いたらやってみると良いこと

underwater photography of water bubbles

今では様々な方法で自分がどのタイプのHSPであるのか簡単に自己診断することができます。

例えば自分がHSS型HSP(刺激追及型HSP)だと分かった際に、分かったからと言って何をしたらよいのか分からないと思います。

このページでは自分がHSS型HSPだと気付いた時にやってみると良いことについて纏めていきます。

HSS型HSPだと気付いたらやってみると良い事①自分に合った生活をする

green leafed plant on grassfield

自信がHSS型HSPであると気付いたら、自分の中でこれは苦手だな、とても疲れるんだよなということをノートに書き出したりして明確にしましょう。また自分が得意なことも然りです。

その整理が終わったらなるべく得意なことができて、苦手なことを避けるを生活を目指していきましょう。

初めから完璧を目指すと到底できない様に感じるかもしれませんが、せっかく自分の気質に気付いた訳ですから自分が生きやすい毎日を過ごせるように少しずつアレンジしていくことを続けていくことはとても大切なことです。

HSS型HSPだと気付いたらやってみると良い事②対処法を明確にする

time-lapse photography of ocean waves

HSS型HSPによくあることとして、定期的に自分がやりたいことが湧いてきたり頭の中で様々な考え方がざわつくような時が訪れます。そういった時は爆発的なエネルギーで物事に取り組めるのですが、少し経つとまるで大波が静まり返るかのように冷静になったり、疲れてしまうのです。

そういった時は心に任せたまま行動するとあとから反動が訪れて動けなくなってしまうくらいの疲労を感じることがあるので、心にたくさんの事が浮かんできてやりたい衝動が浮かんできたら深呼吸をしてみたり、マインドフルネスをするなどして少しだけコントロールする様にしましょう。

HSS型HSPがやりたいことと社会的に意味がある様なことや周囲が求めることがリンクした場合の行動力は素晴らしいものがあるので、抑え過ぎずやり過ぎずといった感覚で動いていくのが大切です。

HSS型HSPだと気付いたらやってみると良い事③睡眠をしっかり取ること

grayscale photo of sleeping woman lying on bed

これはどのタイプのHSPにも言えるのですが、睡眠はしっかり取るようにしましょう。

HSPは脳内の扁桃体という部分が過敏に反応して感受性が高くなったり、不安感を高めたりすることがあります。

つまり日常的にたくさんのことが頭に浮かんでは消えていくので、HSPは1日の終わりに脳疲労を起こしていることが考えられるのです。

脳疲労を取るのに最適なのは睡眠です。

睡眠不足の時の不快感を強く感じでイライラしてしまうのはHSPにはよくあることとして知られています。

最低でも8時間は睡眠時間を確保できる様に1日のスケジューリングをしてみましょう。

HSS型HSPだと気付いたらやってみると良い事 を読んだあとのおすすめ記事