HSPとアダルトチルドレン

HSPとアダルトチルドレンの違いと対処法

group of people wearing white and orange backpacks walking on gray concrete pavement during daytime

HSP(ハイリーセンシティブパーソン)を考える上で、ご自身がアダルトチルドレンではないかと悩む方がいます。

結論から言うとHSPとアダルトチルドレンは別物で、先天性のHSPと後天性のアダルトチルドレンといった感じです。

このページではHSPとアダルトチルドレンについて述べていきます。

HSPとアダルトチルドレンの違いと対処法①発端

two toddler playing letter cubes
Photo by Marisa Howenstine on Unsplash

HSPは幼少期に両親の愛情に気付けないといったことが起きます。

一般的に両親は至って普通ですが、お子さんがHSPだと両親から何を求められているか敏感に反応して

あまり怒られない様な子供に育つ傾向があります。常にニコニコしたり、良い子に振舞ったりと言ったところです。

そして弟・妹などがいる場合はさらに両親の愛情はそちらに愛情が向いたりして、行儀が良い事に対して当たり前になってあまり褒められる様なことがなくHSPのお子さんが愛情を感じられずアダルトチルドレン的な思考になるということです。

一方でアダルトチルドレンの場合は、両親に原因があるケースが多いです。

両親が共働きであまり構ってあげられてなかったり、一杯一杯で子供が両親に対して甘えが満たせずにアダルトチルドレンの思考が育っていく印象です。

家事や兄弟の世話も両親が働いている間に子供が行っていたりして、まるで親子関係が逆転してしまった様になり中々愛情を感じられない状況が生まれてしまう訳です。

HSPは刺激が原因となっていますが、アダルトチルドレンの場合は刺激は関係ありませんから両親とどう向き合っていたかが重要になるのです。

HSPとアダルトチルドレンの違いと対処法②優しさを受け止める

people sitting on chairs in front of table
Photo by Jimmy Dean on Unsplash

上記で述べた通り、HSPの子供が両親からの愛情や優しさを感じづらかったりということが発端になることがあるのですが実際HSPの両親は「愛している」「あなたはとても大切」というはそういった直接的な表現はしてこなかったのではないでしょうか。

又、欧米などと比較して両親もそういった言葉や態度の愛情表現が少し苦手な印象です。

しかしあなたの誕生日をみんなで祝ったり、毎日おいしい料理を作ってくれたり、病気になった時に一緒に病院へ行ってくれたり、雨が降った日は塾まで傘を持って来てくれたり思い出せば愛情を尽くしてくれたことがたくさんあるはずです。

アダルトチルドレンもそうで、何もかも自分でできていたかというとそうではなく、親御さんのサポートが必ずあったはずです。

大人になったとしても、そういった愛情を思い出して優しさを受け止めることで気質が和らぐことがあります。

HSPとアダルトチルドレンの違いと対処法③どうしたら生きやすくなるか

body of water during sunset
Photo by jae bano on Unsplash

有名な手法として認知行動療法で自分の生きづらさの考え方の癖に気付いて改善させていくという方法があります。

敏感で感じとってしまうHSP気質を変えることができないのですが、刺激を受取ってどう考えていくかという部分を変えることはできるので専門医などのカウンセリングを受けて生きやすくなったという方は非常に多いです。

HSPは繊細なので傷つきやすくもありますが、出会ったことが無いような考え方や出来事には感動することができます。その為、カウンセリングや認知行動療法で大きな効果が出ることがあるのです。

HSPとアダルトチルドレンのことを読んだあとのおすすめ記事

<累計メール相談数が100件を越えました>
HSP相談