HSPとの付き合い方

HSPが眠れない時に行うと快眠できる方法

HSP(ハイリーセンシティブ)にとって日頃様々な刺激を受けて疲れた脳を癒すのに睡眠は欠かせない行為です。

しかし疲労が溜まり過ぎると眠りが浅かったり、眠りづらかったとりいった症状が現れることがあります。

このページではHSPが眠れない時に使える快眠法を述べていきます。

HSPが眠れない時に行うと快眠できる方法①ぬるめの浴槽に入る

white bed linen beside brown wooden nightstand
Photo by Hiroshi Kimura on Unsplash

HSPは肌が敏感で突然何かが触れたり、触られるとゾワっとしたりして気になることがあるのです。

逆にこの感覚は心地が良いものに触れた時に良い方向へ働きます。

人間の身体は皮膚から放熱をして身体の体温がスムーズに下がることで眠気を感じる様になっています。

コツとしては就寝前に38から40℃のお風呂に15〜20分程度じっくりと浸かりましょう。

逆に暑すぎる浴槽に入ってしまうと身体を目覚めさせてしまうので温度には注意が必要です。

HSPが眠れない時に行うと快眠できる方法②寝る前のスマートフォンを止める

person holding smartphone
Photo by Rodion Kutsaev on Unsplash

脳内物質のメラトニンは脳の松果体に働いて体内時計を調節する役割を持っています。

このメラトニンは明るいところにいる時は分泌が減り、暗いところにいる時は分泌量が増えるとされていのですが、寝る前にスマートフォンから発する強い光を見ると分泌量が抑制されてしまうのです。

メラトニンが分泌量が少なくなることで脳が覚醒してしまい寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなってしまうので注意しましょう。

HSPが眠れない時に行うと快眠できる方法③耳栓をしてみる

woman wearing blue stud earring
Photo by Mark Paton on Unsplash

HSP気質として音に敏感です。

就寝中に何か音が立てられるとその音に反応して起きてしまい熟睡することができません。

実は先日私も体験していまして、夜中に突然雷雨が起きて近所に雷が落ちたんですね。

当然音にビックリして起きてしまいました。

夏は特に天候が不安定になりやすいので対策を取っておくと良いでしょう。

HSPが眠れない時に行うと快眠できる方法④寝溜めをしない

Russian Blue cat sleeping on whit textile
Photo by Alexander Possingham on Unsplash

普段平日は会社があってゆっくりしようと休みの日に寝溜めをしようとする行為は体内時計を狂わす原因になるため止めましょう。

残念ながら人間の身体は睡眠を溜められる様にできてはいません。

大体8時間/日くらいの睡眠時間を設けると身体には良いとされていますので目安にしてみてください。

HSPが眠れない時に行うと快眠できる方法⑤音楽を聴く

white corded headphones
Photo by Icons8 Team on Unsplash

ここで言う音楽とはガンガンと頭に鳴り響くものでなくて、リラクゼーション効果があるBGMが好ましいでしょう。

逆にロックやPOPソングを聞くと眠気を覚ましてしまい眠れなくなってしまいます。

今ではYoutube上にこういっリラクゼーション効果があるBGMは無料で聞けるので活用してみましょう。

HSPが眠れない時に行うと快眠できる方法 まとめ

HSPは五感に敏感な為、そのすべてにおいてリラックスしている状態ですと快眠できる状態に近づきます。

それは一見難しい様でよくよくやってみると健康的な生活で身体に良いものなんだと気付かさせてもくれます。

HSPは俗にロングスリーパー(長時間睡眠)が多いと言われています。

それはやはり日々刺激に晒されていて、脳が疲労しているということと因果関係があるのです。

しっかり睡眠を取ってまた明日スッキリとした目覚めになる様に準備をしていきましょう。

HSPが眠れない時に行うと快眠できる方法を読んだあとのおすすめ記事