HSPとの付き合い方

HSPがドラマが苦手な意外な理由【心理カウンセラー解説】

HSP(ハイリーセンシティブパーソン)には少し苦手なジャンルのドラマがあります。

恋愛?サスペンス?ホラー?感動もの?たくさんジャンルはありますが、自分に合ったタイプや好きなジャンルを見るとストレス発散にも役に立つのでジャンル選びは大切です。

このページではHSPがなぜドラマが苦手なのか、その理由を考えてきます。

\31日間視聴無料で見られる/

HSPでも見られるドラマ・映画を探す

HSP(Highly Sensitive Person)ハイリー・センシティブ・パーソンとは

HSPとは1996年アメリカの心理学者のエレイン・N・アーロンにより提唱されたHighly sensitive personの略で高い感覚処理感受性を有する人、または気質のことを指します。

HSPの特徴

  • 一つのことを深く考えるのが好き
  • 共感しやすい
  • 感受性が豊か
  • 人にやさしくできる
  • 大きな音や光の刺激が苦手
  • 人混みが苦手
  • 気を読み過ぎて疲れる
  • 近くで誰かが怒られていると自分が怒られている様な気分になる
  • 忘れたい過去が繰り返し蘇る
  • 他人に何か指摘されると中々そのことが頭から離れない
  • 周りが自分をどう思っているか強く気になり不安になる

HSP診断の相談可能なオンラインカウンセリング <AD>

うららか相談室
利用者満足度93%のオンラインカウンセリング。

国家資格の臨床心理士・後任心理士に気軽に相談できて的確なアドバイスを受けることができます。
HSPだけでなく仕事に就いての悩みもキャリアカウンセラーにできる為、ワンストップで悩みを解決してもらえると話題に。

臨床心理士など、150名以上の専門家に相談できる
4種類のカウンセリング方法から選べるビデオ・電話・メッセージ・対面
誰にも知られず、匿名での相談が可能
料金メッセージカウンセリング 3往復(3,960円)
ビデオカウンセリング50分(5,280円)
電話カウンセリング50分(5,280円) 
対面カウンセリング50分(5,500円)  
※価格は税込み表示

カウンセリングに満足いかなかった場合の
利用料金分のポイントを全額返還キャンペーンを実施中
※12月28日(火)まで
申し込み方法STEP1 カウンセラーを探す
STEP2 申し込み
STEP3 カウンセリング
受付時間24時間予約可能・当日カウンセリング可能
支払い方法クレジットカード・コンビニ払い・銀行振込み
運営会社株式会社ココドコロ

体験談

体験者A子さん
体験者A子さん
臨床心理士の先生に私のとりまとめのない話を丁寧に聞いて頂いてアドバイスをもらいました。的確なアドバイスだったの自分の感情を整理することができました。
体験者B子さん
体験者B子さん
いつも人の目ばかり気になって生活してきてストレスで限界だったのですが、先生に気にならなくなる考え方や生活の仕方を教えていただき気持ちが楽になりました。
体験者Cさん
体験者Cさん
前の職場で人間関係について悩んでいたのですが、キャリアカウンセラーの先生へ相談してこれからのキャリアの積み方について考えるきっかけになりました。カウンセリングをきっかけに転職を決めて今では心身ともに健康な日々を過ごせるようになりました。

HSPがドラマが苦手な意外な理由①自分を投影してしまう

silhouette photo of man and woman
Photo by The Phope on Unsplash

HSPは感受性が高く、他人の気持ちをまるで自分に起きたかの様に考えてしまいます。

恋愛もののドラマにしても主人公がひどいめに会うともの凄く悲しくなったり、ドラマが終わったあともストーリーが頭から抜けきらなかったり。

分かりやすく言うと感情移入しやすいのがHSP気質なのかもしれません。

HSPがドラマが苦手な意外な理由②びっくりしやすい

silhouette of person on a dark place with smoke
Photo by Elti Meshau on Unsplash

HSPはびっくりしやすい気質を持っています。

例えば日常生活においても友人がたまたま部屋から出てきて鉢合わせと「わ!」っとリアクションが結構大きくなってしまったり、ドッキリさせられるのが苦手です。

ですので海外のホラー系ドラマやサスペンスなどは見ているととても疲れてしまうかもしれません。

HSPがドラマが苦手な意外な理由③暴力的なシーンが苦手

Prank
Photo by Andrew Le on Unsplash

HSPは人が傷つけられるシーンや流血してしまう様なシーンは苦手です。

ヤクザ映画やアクションムービーで敵役が無残なやられ方をしているシーンなどとてもじゃないけど見ていられないという方は多いです。

どうしても見ないといけないというケースも少ないでしょうから映画を誰かと見に行くとしても苦手なジャンルはしっかり相手に伝えておきましょう。

HSPがドラマが苦手な意外な理由④集中して見れない

person holding gray remote control
Photo by Jonas Leupe on Unsplash

HSPの中でも刺激追及型のHSS型HSPの場合たくさんのことに興味が向いてしまう為、ドラマなどの1~2時間をじっとして見ているのが辛いという話もあります。

HSPの中にも種類があるので苦手な理由も様々です。

まずは自分がどのタイプにHSPに当たるのか把握しましょう。

HSPがドラマが苦手な意外な理由⑤大きな音が苦手

boy singing on microphone with pop filter
Photo by Jason Rosewell on Unsplash

HSPは光・音・味覚などの刺激に敏感と言われています。

その中でもサスペンスやアクション系のドラマで音が大きいシーンなどがストレスになりやすいです。

たしかに場面を盛り上げるスパイスみたいなものですが、HSPには少々刺激が強すぎるようです。

 \書店より500円お得に読めます/

『HSP』に関する本・漫画をebook japanで読む

HSPがドラマが苦手な意外な理由⑥疲れやすい

sleeping woman in train at daytime
Photo by Abbie Bernet on Unsplash

HSPはフィルター無しで物事を受け止めやすい為、一度にたくさんの情報が頭に入ってきます。

その為、1時間~2時間のドラマを見ていると過ぎたシーンの事を頭の中で感情的に処理する前に次々とシーンが移り変わっていくので疲れを感じてきてしまいます。

適度に休憩を入れながら見るようにしましょう。

HSPがドラマが苦手な意外な理由⑦興味がないジャンルの可能性

black flat screen tv on brown wooden tv rack
Photo by Jonas Leupe on Unsplash

HSPは好き嫌いがハッキリする傾向があります。

ですので、始まってストーリーが進んでいってももしかしてあなたがドラマに集中したり面白くないなと感じたら自分とフィーリングが合わないドラマなのかもしれません。

NetflixやU-NEXTでは自分が好きなドラマを好きなタイミングで見ることができるのでおススメです。

HSPがドラマが苦手な意外な理由⑧予測できないことが嫌い

bokeh light photography
Photo by Nong Vang on Unsplash

HSPはその気質として頭の中でこれからどんなことを起きるのか予測をして行動していくのが得意です。

それは自分自身に不利なことが起きない様にする防御行動でもあるんですが、ドラマの場合自分が経験していない様なフィクションのシチュエーションが多い為あれこれ考えてしまって疲れてしまう様です。

HSS型HSPの場合は適度な刺激を好む傾向がありますので、この予測できない展開を逆に楽しめるということもあります。

HSPがドラマが苦手な理由 まとめ

HSPは基本的に感受性の高さから人やドラマ・映画などから影響を受けやすくその影響は良い方にも悪い方にいく可能性があります。

感動しやすいので感動系の映画はあなたの心を癒して時には涙を流すこともあるでしょう。

しかしそういった時間はHSPのあなたにとって大切な時間です。

自分の気質に合ったジャンルを選んでドラマを見ることを楽しみましょう。

HSPがドラマが苦手な理由を読んだあとのおすすめ記事

https://kirakulabo.info/hspが気持ち悪いと感じる些細なこと/