HSS型HSPと仕事

HSS型HSPの転職活動について

people sitting down near table with assorted laptop computers

刺激追及型のHSS型HSPにとって固定の職場に長期的に通うのは、環境に慣れて周囲からの信頼も得て働きやすくなる半面、慣れ過ぎてしまったが故につまらなく感じてしまうことがあるかもしれません。

特に転職活動を志すとHSS型HSPは実際に行動に移すまでがとても速いです。

このページではHSS型HSPがする転職活動のコツについてお話していきます。

HSS型HSPの転職活動について①転職エージェントを利用する

person standing near the stairs
Photo by Hunters Race on Unsplash

これはある意味転職活動においては鉄板と言える様な方法ですが、民間の転職エージェントを利用することです。

特に数あまたある転職エージェントを複数登録しても問題はありませんので、大手から中堅まで複数登録することをおススメします。

ただあまり登録し過ぎてしまうと、仕事案件が重複して届いてしまうこともあって気付いたら同じ企業にレジュメを提出していたということもありますので気を付けましょう。

HSS型HSPの転職活動について②フリーランスで仕事を受ける

person holding pencil and stick note beside table
Photo by Marten Bjork on Unsplash

HSS型HSPの場合、決まった会社に通い続けるよりプロジェクト毎に会社が変わったり目的が変わるフリーランスでの就業形態はとても合っています。

特にWeb制作やライティングができる方や人に何か教えることができる教育系のスキルを持っている方は強いかもしれません。

気を付けなければならない点として、案件を抱えるあまり自分自身のスケジュールが一杯になってしまったり無理なことを言われた時にしっかり「NO」と言えないと後から自分の首を絞めることになるので要注意です。

HSS型HSPの転職活動について③ハローワークはあまり当てにならないかも

woman wearing gray jacket
Photo by Priscilla Du Preez on Unsplash

これはあくまで個人的な感想なのですが、ハローワークでの仕事案件は地域性があり職場を近場で探したい方にはとても役に立つと思います。

しかしやはり公共の職業紹介ということで年齢問わずたくさんの方が仕事を探していて求職者の母数も多い為なかなか仕事紹介に繋がらなかったり、実際に就職まで進むことができなかったりで難しい印象です。

もし同じ仕事紹介を受けたいということでしたら民間の転職エージェントをおススメします。

HSS型HSPの転職活動についてを読んだあとのおすすめ記事