HSPとの付き合い方

HSPで人が苦手と感じる人におすすめなこと5選

HSP(ハイリーセンシティブパーソン)は些細なことでも傷ついてそれを引きずってしまうことが多いです。

特に人との接点の中で表情、態度、声色などにも相手の心情を無意識に読み取ろうとするので人付き合いには苦労したという経験を持つHSPがほとんどではないでしょうか?

このペーではHSPで人が苦手だと感じる人向けにおすすめなことをご紹介していきます。

HSP(Highly Sensitive Person)ハイリー・センシティブ・パーソンとは

HSPとは1996年アメリカの心理学者のエレイン・N・アーロンにより提唱されたHighly sensitive personの略で高い感覚処理感受性を有する人、または気質のことを指します。

HSPの特徴

  • 一つのことを深く考えるのが好き
  • 共感しやすい
  • 感受性が豊か
  • 人にやさしくできる
  • 大きな音や光の刺激が苦手
  • 人混みが苦手
  • 気を読み過ぎて疲れる
  • 近くで誰かが怒られていると自分が怒られている様な気分になる
  • 忘れたい過去が繰り返し蘇る
  • 他人に何か指摘されると中々そのことが頭から離れない
  • 周りが自分をどう思っているか強く気になり不安になる

上記の様な特徴がありますが、病院やクリニックへ行かれる際も「治療」を目的として治すものではありません。
診療やカウンセリングをお受けになる際も「HSPを治したいので薬を処方して欲しい」といったスタンスより薬物治療なしでHSP気質が改善する考え方やコツの習得を目指されたらと思います。

HSPで人が苦手と感じる人におすすめなこと5選①たまには一人の時間を設ける

 HSPで人が苦手と感じる人におすすめなこと5選①たまには一人の時間を設ける

毎日生活する中で人付き合いや自分の振る舞いにも気を遣っていくHSPにとって気持ちをすり減らして時間を過ごしていると言っても過言ではないでしょう。

そんな中で一番のリラックス方法は、刺激から離れて一人で時間を過ごしていくことです。

誰からも邪魔が入らない様に、自分がやりたいことを自分のペースで行うことはきっと心地よさを感じてリラックスすることができる様です。

HSPで人が苦手と感じる人におすすめなこと5選②受け流すこと

HSPで人が苦手と感じる人におすすめなこと5選②受け流すこと

HSPにとって禁物なのは、言われたことや相手の行動を100%受け止めようとしてしまうことです。

受け止めることでそれに対してショックを受けることもあるので、できれば受け流すことを覚える必要があります。

例えば「それはあなたのせいですよ」とミスを指摘された時に、「たしかに」と受け止めてじっとしまうのではなくて、「たしかに、次は頑張ろう」「たしかに、でも私だけのせいでもないんだけね」といった形で受け流すことができると良いでしょう。

HSPで人が苦手と感じる人におすすめなこと5選③自分のせいだと思い込み過ぎない

HSPで人が苦手と感じる人におすすめなこと5選③自分のせいだと思い込み過ぎない

これは言われてもそう思ってしまうというのはHSPにとってあるあると言ってもよいでしょう。

しかし人の機嫌や調子というのは、どんな人であってもコントロールできません。

上司が機嫌が悪いのは奥さん喧嘩したから、お子さんと関係が良くないからなど個人的な理由であることがありますよね?

そこで職場で話した時に、冷たい態度をその日たまたま取られたと言っても、私達HSPには変えようがない事実です。

何もかも自分のせいだと感じるのは、勘違いの可能性があるので気を付けましょう。

HSPで人が苦手と感じる人におすすめなこと5選④心が許せる友人に気持ちを聞いてもらう

HSPで人が苦手と感じる人におすすめなこと5選④心が許せる友人に気持ちを聞いてもらう

人が苦手なHSPにとっても、大人数でなくても心が許せる家族や友人がいるのではないでしょうか?

自分の気持ちを自分の中で消化しようとするのにも限界があるので、心が許せる人へアウトプットすることは大切です。

それが理解してもらえるか分からない様なことで、気持ちを吐き出していくことで軌道修正できたりスッキリできたりと大切なのです。

HSPで人が苦手と感じる人におすすめなこと5選⑤苦手なことと上手く付き合う術を学ぶ

HSPで人が苦手と感じる人におすすめなこと5選⑤苦手なことと上手く付き合う術を学ぶ

人生の長さは医療の発達と共に長くなっており、生きやすい状況を作っていくにはコツや術を学んでいく必要があります。

HSPにとってよく言われているのが、自分と合わない人とは近づかないということです。

また、最低限の付き合いだけにして飲み会などには行かないというのも方法でしょう。

どうしても環境を変えられる時は、自分がリラックスできる環境を別に設けるなどして上手く生きていく必要があるので、常にそういった場所は探しておくと良いでしょう。

HSPで人が苦手と感じる人におすすめなこと5選を読んだあとのおすすめ記事