HSPと仕事

HSS型HSPに向いてるバイト【おすすめ】

black flat screen tv turned on near green plant

HSS型HSPはHSPの中でも内向的なHSPと異なり、適度な刺激がある生活を好む傾向にあると言われています。

しかし刺激を好むと言っても繊細な側面を持ち合わせている為、いわゆるどんな仕事に対しても常に前向きかというとそれは違います。

まるで車のアクセルとブレーキを同時に踏む様な複雑さを持っているのがHSS型HSPです。

このページではそんなHSS型HSPに向いているアルバイトについて考えていきます。

HSS型HSPに向いてるバイト①データ入力の仕事

person typing on silver MacBook
Photo by Burst on Unsplash

こちらの HSPに向いてるバイトとは(体験談付き) でも書かせて頂いたのですが、HSPにはデータ入力の仕事が非常に向いています。

いやいや、データ入力じゃ退屈でやってられないよと思うHSS型HSPの方もいると思うのですが一つ考え方を工夫するだけで全く苦ではなくなります。

それは仕事とプライベートを切り離して考えることです。

具体的に言うと、データ入力の仕事はHSS型HSPにとって退屈だと感じる仕事だとしてもそこで溜めたエネルギーを仕事終わりのサークル活動や習い事、遊びに行くことに使うことを意識すると退屈な仕事も不思議と出来る様になります。

HSS型HSPに向いてるバイト②ダブルワーク

person driving Toyota car
Photo by Jessica Furtney on Unsplash

これは具体的な職種という話ではないのですが、HSS型HSPは一般的にとても飽きっぽい性格、目移りしやすいなんてこと言われています。

筆者は強度のHSS型HSPですが、会社員時代に一つの職場が3年以上続いたことがありません。(恥ずかし限りです。。。)

しかしフリーター時代はAという仕事をしていたらBという仕事も並行してやってみるなどダブルワークをしていたこともありました。

具体的には朝はスーパーの品出しへ行って、夕方はスポーツジムのアルバイトをしてダブルワークをしていた訳です。

そういった刺激は一つの仕事をずっと続けている訳ではないので、ベースにしていたスポーツジムの仕事は7年程続けることができました。

そういった意味ではHSS型HSPがダブルワークをして働くのは気質に合っていると私は実体験から思っています。

HSS型HSPに向いてるバイト③単発派遣

man standing beside woman
Photo by Bundo Kim on Unsplash

HSS型HSPにとって一つの職場に長年通い続けるのはけっこう至難の業です。

ですので、毎回仕事内容や職場が変わる単発バイトや単発派遣はおススメです。

例え人間関係が合わなくても1日、数時間我慢すれば強制的に終わりますしHSS型HSPの気質が出て飽きる前に仕事は終了となります。

HSS型HSPに向いてるバイト④クラウドソーシング

woman in blue long sleeve shirt using macbook pro
Photo by Luke Southern on Unsplash

HSS型HSPは少し飽きっぽい面があり、一つのことを長期でやるより色んな仕事をできる様な環境が合っているとされています。

今人気のクラウドワークスもランサーズなどで募集している仕事をやってみるというのも一つかと思います。

データ入力からホームページ制作など様々な仕事がある為、幅広い仕事ができるのでおススメです。

HSS型HSPに向いてるバイト⑤Uber Eats

bikes on gray concrete pavement
Photo by Daniel Llorente on Unsplash

昨今コロナで店内飲食の仕方やデリバリー需要が伸びたことで注目を浴びているオンラインの宅配フードサービス。

オーダーする側もスマートフォンを使って数クリックでオーダーできることからたくさんの人が重宝しているのと、デリバリーする側(配達員)として気軽にお金を稼げるようになりました。

金額は少額のものから、単価が上がるキャンペーン中はちょっとした派遣仕事と同等の給料を得られるということで人気のお仕事になりました。

HSS型HSPに向いてるバイト まとめ

ここまでHSS型HSPの仕事に向いていると思われる仕事を紹介してきました。

基本共通点としては自由度があってあまり時間の制約に縛らない仕事といったところでしょうか。

自分がやりたいこととニーズが合わさった時にも物凄い能力を発揮できるのがHSS型HSPの強みの一つでもあるので、まずはどういったことを自分がやってみたいのかを軸に考えてみた方が良いでしょう。

HSS型HSPに向いてるバイトを読んだあとのおすすめ記事