HSP専業主婦

HSP主婦が止めてよかった5つのこと

HSP(ハイリーセンシティブパーソン)が毎日を心地よく過ごす為に、分かっておくと役に立つことが実は結構あったりします。

特に考え方のところで断捨離する様にすればかなり心が楽になるはずです。

このページではHSP主婦が止めてよかったと思う5つのことを述べていきます。

HSP主婦が止めてよかった5つのこと①人混みを避ける

woman standing on a boardwalk surrounded by birds
Photo by Ben White on Unsplash

HSPにとって一番大きな刺激になりうることは「人」です。

人から発せられる目に見えないオーラや、表情、声などが繊細なHSPにとってはストレスになることがあるんですね。

ですので、人がたくさんいる所へ長時間いることを止めると疲れて家事に影響が出たりということが無くなると思います。

HSP主婦が止めてよかった5つのこと②無理をしない

man leaping on concrete surface near body of water and forest at the distance during day
Photo by Jordan Opel on Unsplash

HSPは周りから「真面目」と称されることが多く、求められたことや自分で「こうしなければ」と思ったことに対して一生懸命やろうとします。

しかし当然自分一人ではできない様なこともやろうとしてしまうので、途中で疲弊してしまったりとHSPにとって無理をすることは何もいいことがありません。

120%で頑張ってしまいそうなところをその手前で止める意識づけをしてみましょう。

HSP主婦が止めてよかった5つのこと③完璧主義

person holding jigsaw puzzle piece
Photo by Ross Sneddon on Unsplash

これもよくある話なのですが、HSPが完璧主義になってしまう話です

何かやろうとした時に自分や周囲に評価して欲しくて常に完璧であろうとしてしまうことがあります。

常にいい人でいたいという気持ちが強いの特徴的です。

しかし常に完璧でいることは当然できません。

そういったマインドセットが続くと人間は疲れて立ち止まったり倒れてしまう為、別に70%くらいの出来でいいと考えると行動や気持ちも変わってくることでしょう。

HSP主婦が止めてよかった5つのこと④できないことをやろうとしない

toddler's standing in front of beige concrete stair
Photo by Jukan Tateisi on Unsplash

HSPはどこか「やればできる!」という気持ちで物事に取り組んで、できないことに直面すると「私って能力がないからできないんだ」と自分を責めてしまう部分があります。

危険察知能力が高いので、できることできないことというギリギリの部分を何なく自分で分かっているんですけど、やってしまうんですね。

周りに喜んでもらいたい、自分でやりたいと思っても一度ゆっくり考えて、信頼できる人に意見を聞くなどしてみることをおススメします。

HSP主婦が止めてよかった5つのこと⑤苦手な人との接点を減らす

blue and white exit signage mounted on brown brick wall
Photo by Bernard Hermant on Unsplash

これは会社員や学生の方にも使えることですが、苦手な人とは極力接点を減らすことです。

ママさん会や義母が苦手というご相談をいただくことがあるのですが、自分で「会わないまずい」と思い込んで自分から会いに行ってしまうところがあるんですけど、別に会わなくても相手が全く気にしてないケースというは往々にしてあります。

どうしても行かないといけない時様にエネルギーを残しておいて、あとは自分から会う機会を作ることは減らしていきましょう。

HSP主婦が止めてよかった5つのことを読んだあとのおすすめ記事

<累計メール相談数が100件を越えました>
HSP相談