HSPとの付き合い方

HSPをカミングアウトする時に気を付けたいこと

自分が大切に思っている人に対してHSP(ハイリーセンシティブパーソン)であることをカミングアウトしようか、止めておこうかと考えるHSPは多いかと思います。

実際にちゃんと受け止めてもらえるか、受け流されてしまうかは相手次第なのですがこちらで準備できるところはきちんと準備をして伝える必要があります。

このページではHSPが自身が繊細であることをカミングアウトする時に気を付けたいことを述べていきます。

HSPをカミングアウトする時に気を付けたいこと①
HSPであることを相手に押し付けない

man standing while wearing black jacket
Photo by Nadine Shaabana on Unsplash

HSPをカミングアウトする際に「自分は繊細だからちょっと優しくして欲しい」と伝えたとすると、大抵の人は「何それ?」「分かってるなら強くなりなよ」「HSPって何?」という反応が返ってきます。

相手の行動を変えようとしようとすると反感を買うのは相手の反応として当たり前のことなのです。

もしあなたが大切な人にHSPであることをカミングアウトする場合は、自分の気質について説明することにフォーカスしてまず相手の理解を得ることが大切です。又、一方的に喋るのもよくありません。

「分かった」と言ってもらえたらでは具体的にどうするということを話すステップに進む様にしましょう。

HSPをカミングアウトする時に気を付けたいことを読んだあとのおすすめ記事