HSPとの付き合い方

【2021年版】HSPは頭の回転が特に速くない理由

HSP(ハイリーセンシティブパーソン)を取り巻く環境は年々複雑化してきていて、とりわけ仕事などの現場ではスピードを求められるシーンが当たり前になってきました。

HSPは物事に対して深く考える考え方の癖を持っている為、リスクを負うような決断は少ない気がするのですがスピード感でいうとどうなのでしょうか?

このページではHSPが頭の回転が速いのか考えていきます。

HSP(Highly Sensitive Person)ハイリー・センシティブ・パーソンとは

HSPとは1996年アメリカの心理学者のエレイン・N・アーロンにより提唱されたHighly sensitive personの略で高い感覚処理感受性を有する人、または気質のことを指します。

HSPの特徴

  • 一つのことを深く考えるのが好き
  • 共感しやすい
  • 感受性が豊か
  • 人にやさしくできる
  • 大きな音や光の刺激が苦手
  • 人混みが苦手
  • 気を読み過ぎて疲れる
  • 近くで誰かが怒られていると自分が怒られている様な気分になる
  • 忘れたい過去が繰り返し蘇る
  • 他人に何か指摘されると中々そのことが頭から離れない
  • 周りが自分をどう思っているか強く気になり不安になる

HSPは頭の回転が特に速くない理由①深く考えるから

time lapse photography of tunnel
Photo by Mathew Schwartz on Unsplash

HSPが頭の回転が速いか考えてみた時に、私の個人的な見解として「アピールできる程速くない」という感想です。

理由の一つとしてHSPは物事に対して一つ一つじっくり深く考えて決断までのステップを踏むので即断即決みたいなことは少ない様に思います。

頭の回転が速い人は瞬時に状況を飲み込んでその時最善のアクションを取れる印象なので、HSPとは異なるイメージを持っています。

HSPは頭の回転が特に速くない理由②危機察知能力に長けている

danger hard hat protection required sign
Photo by Nelson Ndongala on Unsplash

HSPは物事を考える時にあとあとトラブルにならない様に避けたいという気持ちが強く働く傾向があります。

ですので、そういった状況を避ける為の決断には時間を要することが多く、一瞬で「いいですよ」と答えたくない部分があるのです。

HSPが得意な思考としては深く色んなパターンを考えて、誰も傷つけることが内容にアイディアを仕上げていくのでそれなりの時間が必要とします。

HSPは頭の回転が特に速くない理由③情報過多になりやすい

black red and white textile
Photo by Markus Spiske on Unsplash

HSPは周りから情報をフィルターなしで全て受けいれて、それを処理しようとするので頭が一杯一杯になりやすいです。

これは何となくそんな感じがするというものではなく、HSPは脳の中の情報や感情を司る偏桃体が敏感に反応すると医学的に言われており上記の様な状態になってしまうのです。

こういったことを考えると頭の回転が速いスーパーマンみたいな表現が適切とは言い難いです。

HSPは頭の回転が特に速くない理由④周りの目を気にし過ぎる

man standing near window inside building
Photo by Cody Doherty on Unsplash

HSPは繊細さ故に周りの目を気にして行動、発言をする傾向があります。

そしてできるだけ他人に迷惑をかけない生き方をしたいという思いも強く持っているのです。

その為、何か発言したりアイディアを出す時はどういう内容が他人にとって最善の選択かも頭の中で考えるので時間がかかってしまうのです。

HSPは頭の回転が特に速くない理由⑤可能性があるとすればHSS型

time lapse photography of train
Photo by Tim Rüßmann on Unsplash

もしHSPが頭の回転が速い可能性があるとHSS型(High Sensation Seeking)であればそういった側面があるかも?とは思いました。

これまで述べてきたのはいわゆる内向型HSPと呼ばれるタイプについてで、適度な刺激を必要とするHSS型においては思ったことを言葉にしたり、行動していくスピード感が早い方もいるので可能性があります。

このHSS型ですが、HSPの中で大体2割くらいがこの刺激追及型HSPのタイプであると言われています。

HSPは頭の回転が特に速くない理由 まとめ

HSPが頭の回転が速いのか考えていく中で、これまでカウンセリングでお聞きして経験や自分自身が強度のHSS型HSPである経験を踏まえて結論を出してみようと思いお話してきました。

私自身は特に自分が頭の回転が速い人間だと思ったことがありません。

むしろ慎重に考えるタイプなので遅いことをストレスに感じることがあったくらいです。

一概にHSPだからどうと言えない分野でトレーニングでも改善できそうなところなのでハッキリと言いずらいところではあります。

HSPは頭の回転が特に速くない理由を読んだあとのおすすめ記事