HSPとの付き合い方

HSPは病院へ行くべきか、行かなくていいのか

\満足度93%のHSP相談はこちら/

<提携先オンラインカウンセリング>

結論から言うとHSP(ハイリーセンシティブパーソン)はHSPは生まれ持った気質であるケースが多く、精神疾患とは異なる為治療が必要なものではないというのが大方の見方です。

しかしHSPであることで通院を考えられている方は何かしのストレスや悩むを書かていることが多いので一概に病院へ行かなくていいというのは全てのケースに当てはまらない様です。

このページではHSPは病院へ行くべきか考えていきます。

HSP(Highly Sensitive Person)ハイリー・センシティブ・パーソンとは

HSPとは1996年アメリカの心理学者のエレイン・N・アーロンにより提唱されたHighly sensitive personの略で高い感覚処理感受性を有する人、または気質のことを指します。

HSPの特徴

  • 一つのことを深く考えるのが好き
  • 共感しやすい
  • 感受性が豊か
  • 人にやさしくできる
  • 大きな音や光の刺激が苦手
  • 人混みが苦手
  • 気を読み過ぎて疲れる
  • 近くで誰かが怒られていると自分が怒られている様な気分になる
  • 忘れたい過去が繰り返し蘇る
  • 他人に何か指摘されると中々そのことが頭から離れない
  • 周りが自分をどう思っているか強く気になり不安になる

HSPとは上記の様な特徴がありますが、病院やクリニックへ行かれる際も「治療」を目的として治すものではありません。
診療やカウンセリングをお受けになる際も「HSPを治したいので薬を処方して欲しい」といったスタンスより薬物治療なしでHSP気質が改善する考え方やコツの習得を目指されたらと思います。

HSPは病院へ行くべきか、行かなくていいのか①治療で良くなるものではない

white book marker on book page
Photo by Olia Gozha on Unsplash

冒頭もお伝えしたとおり、HSP(ハイリーセンシティブパーソン)の気質が医師の治療やカウンセリングで無くなることはありません。

生まれ持った気質なので、性格と違って変えることができないのです。
※気質と性格を一緒だと考える人がいますが、同じではありません。気質は変えられないもの、性格はトレーニングなどで改善することができます。

そしてHSPは病気ではないので、医師によってはHSPにとって良く分からないという方もいらっしゃいます。

病院に行くことで不安障害や気分障害と言われ飲まなくていい薬を処方される可能性もあり、病院へ行く行かないの判断は慎重になる必要性があります。

HSPは病院へ行くべきか、行かなくていいのか②薬による処方

orange and white medication pill
Photo by Christina Victoria Craft on Unsplash

私の実体験でもあるのですがHSP気質に苦しんでいることを病院へ伝えると、抑うつ状態としてデパス(向精神薬)などを処方されることがあります。

デパスを飲むことで副作用として眠気はありましたが、たしかに自分の中にあった繊細や人目が気になるといったHSPにとってストレスになっている部分が緩和されることがあります。

しかし向精神薬のデメリットとして強い依存性があります。

上記の様な状態ですから、いつでも薬に頼ろうとしてしまうんですね。

どうしても辛い時は薬を処方してもらうといいと思うのですが、平常時でHSPの気質に少し悩んでいる温度感でしたら、まずはオンラインなどでHSPカウンセラーのカウンセリングを受けるぐらいが心の重荷が下りて良いかもしれません。

HSPは病院へ行くべきか、行かなくていいのか まとめ

HSPカウンセラーとして私が持っている考え方として、HSPの気質は治療したり無くなったりするものではないので正しい対処法を知ろうというスタンスです。

HSPに苦しんでいる様な人向けにはその気質が薬に頼らずしてその気質が和らぐ方法があるのでそれらをお伝えしています。

自分の一部として上手く付き合っていくしかないのです。

しかし緊急度が高い様な「死にたい」「ずっと落ち込んでいる」といった時は鬱状態やHSPではないところで、治療が必要なるケースもあるのでそういった時は通院が必要でしょう。

いずれにしても、一人で悩むのではなく誰かに話を聞いてもらうところから始めましょう。

HSPは病院へ行くべきか、行かなくていいのかを読んだあとのおすすめ記事

ツールバーへスキップ