HSPと恋愛

HSPは惚れやすい!?繊細さんの恋愛事情

\満足度93%のHSP相談はこちら/

<提携先オンラインカウンセリング>

HSPは恋愛においてその良心的な心で相手を思いやることができるのでパートナーの方はあなたの愛情に対してとても幸せに感じることでしょう。

しかし一方で心配性や考えすぎてしまう気質が災いして、相手にとって負担になることがあるので上手くHSP気質と向き合い、お相手と付き合っていく必要がありますね。 

HSP(Highly Sensitive Person)ハイリー・センシティブ・パーソンとは

HSPとは1996年アメリカの心理学者のエレイン・N・アーロンにより提唱されたHighly sensitive personの略で高い感覚処理感受性を有する人、または気質のことを指します。

HSPの特徴

  • 一つのことを深く考えるのが好き
  • 共感しやすい
  • 感受性が豊か
  • 人にやさしくできる
  • 大きな音や光の刺激が苦手
  • 人混みが苦手
  • 気を読み過ぎて疲れる
  • 近くで誰かが怒られていると自分が怒られている様な気分になる
  • 忘れたい過去が繰り返し蘇る
  • 他人に何か指摘されると中々そのことが頭から離れない
  • 周りが自分をどう思っているか強く気になり不安になる

HSPは惚れやすい!?繊細さんの恋愛事情①
不安な時に優しくされると惚れやすい


深く考えるあまり不安やネガティブな感情に支配されやすいHSPにとって、そんな時に優しくされると相手に好意を持ちやすくなります。

警戒心も持ち合わせているので常に惚れやすいわけではないのですが、HSPの恋愛の始まりについて言うとタイミングも大事なのかもしれません。

HSPは惚れやすい!?繊細さんの恋愛事情②
相手のことを心配しすぎるあまり束縛してしまう



HSPは色んなことを深く考える「考え方の癖」を持っています。

例えば彼女から少し連絡がないだけで「事故にでもあった?」「大丈夫かな?」と心配になりしつこく聞いてしまったり、浮気しているんじゃないかと詮索してしまったりします。

当然愛するパートナーの事ですし心配する気持ちはあるでしょうが、お相手の為にも行き過ぎない様にしましょう。

お相手から見れば何もしていないのに疑われて傷つけてしまう可能性があります。

HSPは惚れやすい!?繊細さんの恋愛事情③
愛情表現することは苦手



人からどう思われるか、他人の目が気になるHSPにとって恥ずかしくて外出した時に手を繋いだり、ロマンティックな言葉をパートナーにかけてあげることが少し苦手です。

(日本人は一般的に欧米人に比べたら当然苦手だとは思いますが)

HSPは惚れやすい!?繊細さんの恋愛事情を読んだ後のおススメ記事

ツールバーへスキップ