HSPとの付き合い方

HSPはよく笑うのは愛想笑い?その理由とは

HSP(ハイリーセンシティブパーソン)はよく笑うという噂を耳にしました。

実際私も友人や同僚と一緒に食事をしている時や話している時はよく笑っている方だと思います。

このページではなぜHSPがよく笑うのか考えていきます。

HSPはよく笑うのは愛想笑い?その理由とは① 沈黙が嫌い

two men and four women meeting in office
Photo by Akson on Unsplash

HSPは気質として目に見えない雰囲気や人の機嫌などに敏感に反応します。

例えば4人くらいで話していて、自分以外の3人が話したことに対して極力反応しようと努めます。

それは誰かが話した後にずっと沈黙だと何だか失礼な気がして反応してしまうのです。

ですので、大きく笑ったり相槌を打ったりして相手が不快にならない様に気を遣ってしまっているんですね。

HSPはよく笑うのは愛想笑い?その理由とは②元々笑いやすい

woman standing in front of green leafed plants with light bokeh
Photo by Allef Vinicius on Unsplash

これはHSPに依存せずに元々、笑いやすい性格なのではないかということです。

世の中には日頃から簡単に笑わなそうなタイプのいますし、真逆でよく笑う人がいます。

笑わない人より笑う人の方が明るい印象を持ちやすいですし、意識的に笑おうとしている人もいるかもしれませんね。

HSPはよく笑うのは愛想笑い?その理由とは まとめ

HSPがよく笑う理由としては相手への「気遣い」の可能性が高いです。

これはHSS型HSPである私も思い当たる節がたくさんあって、周りが全然ウケてないのに自分だけ笑っている時など結構あります。

心境としては本当に面白い時もあるし、やっぱり気を遣っている時もあります。

特に初対面の人と話す時には自分でも無理をしているのかとても疲れを感じますね。

たしかに嫌われたくない気持ちも分かるのですが、あまりいきすぎて自分らしくなかったり疲労感を感じる様でしたら反応しないトレーニングも積んでみましょう。

HSPはよく笑うのは愛想笑い?その理由とはを読んだあとのおすすめ記事

<累計メール相談数が100件を越えました>
HSP相談