HSPとの付き合い方

HSPの夫婦関係を考える

HSP(ハイリーセンシティブパーソン)には自分の気質を認めた上で、それを分かってくれるパートナーと出会い結婚する方とHSP気質を分かった上で独りで人生を歩まれる方両方いらっしゃいます。

これはどちらの生き方が良いと決める必要はなく、一人でいる時間も大切なHSPにとって当たり前の選択なのです。

このページではHSPが結婚をして家庭を持った時に、夫婦関係をより良いものにするポイントについて述べていきます。

HSPの夫婦関係を考える①パートナーに感謝すること

woman holding man and toddler hands during daytime
Photo by Jessica Rockowitz on Unsplash

夫婦生活が長くなってくるとその生活が当たり前になりちょっとしたことでパートナーにあたってしまったり、無下に対応してしまったりちがちです。

感受性が豊かなHSPにとってその様な行動が夫婦関係を悪くするきっかけになりかねません。

しかし逆に言うと、ちょっとしたことでも「ありがとう」「いつもそばにいてくれてありがとう」と言った感謝の気持ちを伝えることでHSPのパートナーはとても喜んでくれることでしょう。

パートナーは居て当たり前の存在ではありません。お互いを尊重できる様な夫婦関係を築いていきましょう。

HSPの夫婦関係を考える② 激しくののしったりしない

woman sitting on floor wearing brown dress
Photo by Priscilla Du Preez on Unsplash

夫婦生活を送る中で、当然二人は他人同士なので考え方が違ったりその日の機嫌で相手に激しく怒りをぶつけてしまうことはあるでしょう。

しかし、HSPは前述した通り非常に繊細な心を持っている為、あなたに言われた一言はあとに引きずってしまい忘れることができません。

それが仲直りした後でも、あとから「あんなこと言われたっけ」と反芻して考えてしまうことがあるので
腹が立ってとしてもあまり強い口調で傷つける様なことを言うのは止めましょう。

HSPの夫婦関係を考える③ 一人でいる時間を尊重する

man standing under orange sky
Photo by Guillaume de Germain on Unsplash

HSPはとにかく刺激に弱いです。

日常生活に視覚・聴覚・味覚と様々な刺激に溢れているのでそれに触れて毎日疲弊しやすい気質をしています。

時にその刺激から疲れを取る為に、HSPは一人になって刺激から離れようとします。

あなたがパートナーだとして、何もしないから傍にいることを望んだとしてもHSPは無意識に感じ取ってそれがストレスになってしまいます。

HSPのパートナーが一人になることを望んだ場合、そのまま一人で居させてあげましょう。

HSPの夫婦関係を考えるを読んだあとのおすすめ記事