HSPとの付き合い方

HSPの克服・付き合い方について考える【体験談付き】

おそらくこのページをご覧の方はHSP(ハイリーセンシティブパーソン)が持つ繊細さに生きづらさを感じてご覧になっている方がほとんどかと思います。

その生きづらさは一生抱えて生きていかなければならないのでしょうか?

このページではHSPの繊細さについて克服・付き合い方について考えていきます。

HSP(Highly Sensitive Person)ハイリー・センシティブ・パーソンとは

HSPとは1996年アメリカの心理学者のエレイン・N・アーロンにより提唱されたHighly sensitive personの略で高い感覚処理感受性を有する人、または気質のことを指します。

HSPの特徴

  • 一つのことを深く考えるのが好き
  • 共感しやすい
  • 感受性が豊か
  • 人にやさしくできる
  • 大きな音や光の刺激が苦手
  • 人混みが苦手
  • 気を読み過ぎて疲れる
  • 近くで誰かが怒られていると自分が怒られている様な気分になる
  • 忘れたい過去が繰り返し蘇る
  • 他人に何か指摘されると中々そのことが頭から離れない
  • 周りが自分をどう思っているか強く気になり不安になる

上記の様な特徴がありますが、病院やクリニックへ行かれる際も「治療」を目的として治すものではありません。
診療やカウンセリングをお受けになる際も「HSPを治したいので薬を処方して欲しい」といったスタンスより薬物治療なしでHSP気質が改善する考え方やコツの習得を目指されたらと思います。

HSP相談が可能なオンラインカウンセリング <AD>

うららか相談室
利用者満足度93%のオンラインカウンセリング。

国家資格の臨床心理士・後任心理士に気軽に相談できて的確なアドバイスを受けることができます。
HSPだけでなく仕事に就いての悩みもキャリアカウンセラーにできる為、ワンストップで悩みを解決してもらえると話題に。

臨床心理士など、150名以上の専門家に相談できる
4種類のカウンセリング方法から選べるビデオ・電話・メッセージ・対面
誰にも知られず、匿名での相談が可能
料金メッセージカウンセリング 3往復(3,960円)
ビデオカウンセリング50分(5,280円)
電話カウンセリング50分(5,280円) 
対面カウンセリング50分(5,500円)  
※価格は税込み表示
申し込み方法STEP1 カウンセラーを探す
STEP2 申し込み
STEP3 カウンセリング
受付時間24時間予約可能・当日カウンセリング可能
支払い方法クレジットカード・コンビニ払い・銀行振込み
運営会社株式会社ココドコロ

体験談

体験者A子さん
体験者A子さん
臨床心理士の先生に私のとりまとめのない話を丁寧に聞いて頂いてアドバイスをもらいました。的確なアドバイスだったの自分の感情を整理することができました。
体験者B子さん
体験者B子さん
いつも人の目ばかり気になって生活してきてストレスで限界だったのですが、先生に気にならなくなる考え方や生活の仕方を教えていただき気持ちが楽になりました。
体験者Cさん
体験者Cさん
前の職場で人間関係について悩んでいたのですが、キャリアカウンセラーの先生へ相談してこれからのキャリアの積み方について考えるきっかけになりました。カウンセリングをきっかけに転職を決めて今では心身ともに健康な日々を過ごせるようになりました。

HSPの克服・付き合い方①HSPを知る

white cup with saucer near bok

まずHSPを克服・付き合い方を知るためにはHSPそのものがどんな特徴的な気質を持っているか理解していく必要があります。何かよくわからないものに対して対策は打てないからです。

例えばHSPの代表的な気質は下記の通りです。

  • 感受性の高さ
  • 音や匂いなど刺激に対する弱さ
  • 協調性の高さ

など

こういった強み・弱みを知った上で具体的な対応策を練っていきます。

HSPの克服・付き合い方②刺激を避けること

green tree on green grass field during daytime

HSPの天敵は「刺激」です。刺激と一言で言っても人から発せられる目に見えないオーラや音や光、匂いなど分かりやすいものまでたくさんあります。

大体HSPであれば苦手だなと思う場面があると思うので、思い浮かべてみましょう。

具体的には道を歩いていて救急車がサイレンを鳴らして通った時になんだか胸がドキドキした、同僚が上司から怒られているを見ているだけで自分が怒られている様な気分になった、辛い食べ物を食べたら気分が悪くなったなどです。

自分が苦手な刺激の種類が分かったらそれらと向き合って克服しようとするより、一番誰でもできる方法としてそういった刺激から離れる生活をおススメします。

HSPの克服・付き合い方③自分に合った場所を探す

woman in blue dress walking on beach during daytime

あなたが苦手とする刺激について理解ができたら、自分が生活にするにあたってその気質に合っている環境づくりをしていきましょう。

具体的には営業職をやっていたけど電話や突発的なアポイントが苦手と感じていたら、電話対応や接客がない仕事に変えてみるとか普段から騒音がうるさくて人が多い場所に住んでいたら少し静かな郊外へ引っ越したり、どこか行きたかった国へ移住してみたりと選択肢はたくさんあります。

転職や引っ越しについていきなり進めていこうとすると途中で頓挫して「やっぱりできない」と諦めがちです。

環境を変えることはあなたにとって重要で時間をかけるべき事ですぐに解決できる問題ではありません。
焦らずしっかり時間をかけて変えていけば良いことを念頭にゆっくり進めていきましょう。

HSPの克服・付き合い方  体験談<前編>

大学卒業後、会社員として転職を繰り返して10年目を迎えたAさん。

周囲からも「真面目」「縁の下の力持ち」として評価されることが多く、大きく目立った功績はないもののチームの意見をまとめたりミスなく淡々と仕事を正確にこなすことができるとしてクライアントからも高い評価を得ていました。

そんなAさんはバイヤーとして憧れのアパレル会社に入社、さあこれからとやる気に満ちていました。

しかし社会人10年目を迎えるにあたって、年々人との関わり方や生き方にストレスや生きづらさを感じる様になったと言います。「なんでこんなに人の顔色が気になって自分の意見が言えないんだろう」「誰に対してもいい顔してる気がする」

この違和感はAさんの中でどんどん大きくなり、ある日海外出張や突発的なクレーム対応と忙しく過ごしている時に心の緊張の糸がプツンと切れた様な気がして朝起きれなくなってしまったそうです。

HSPの克服・付き合い方  体験談<後編>

Aさんは会社にも相談して休暇を取ってメンタルクリニックにも行ったのですが、鬱病と診断された薬を服用しても生きづらさは消えなかったそうです。

長年外資系で働いていたことも英語の知識があったことから最後の力を振り絞る様に海外へ移住を決めたのです。当然現地でも会社に属するわけですが、未経験の事務職。
果たしてちゃんと見知らぬ土地で経験のない仕事をこなすことができるのか?そんな心配をしながらの移住だったそうです。

しかしそんなAさんも2021年現在で海外移住3年目。
「おそらく臨機応変に対応が必要な仕事は私に合っていなかったんだと思います。今は残業もなく、仕事とプライベートもちゃんと分けられて健康的な毎日を過ごしてます。現地の人は他人に干渉されることなく自由に生きているので私も自然に溶け込むことができました。」とお話をされています。

又、Aさんは移住後これまで抱えていた息苦しさや生きづらさを全く感じなくなったそうです。つまり自分に合った生き方や場所を見つけることができたのです。

多くの人にとって海外への移住は大事で大変難しいことですが、もっと身近なスケールで田舎へ移住してフリーランスとして働き始めたり、仕事の職種を変えて自分探しをしたりと今では生き方は多種多様になっています。

最短で見つけたいと思っている方はまずは経験者に話を聞いてみるとよいかもしれません。

HSPの克服・付き合い方について考えるを読んだあとのおすすめ記事