HSPとの付き合い方

HSPのネガティブさに苦しんでいるあなたへ

HSPはその繊細さ故に、様々なことに悩み苦しむことがあります。

実際に相手が自分を嫌っている訳ではないのに「あの人は私のことを嫌いに違いない」と感じてその人を遠ざけてしまったり、過去にあった嫌な思い出を引きずってしまい苦しんだり。

世の中に5人に1人と言われるHSPにとって、そんな風にHSPだからネガティブなのだと感じているのはあなただけではありません。

今日は繊細が故にネガティブに感じてしまった時の対処法についてお話していきます。

HSPのネガティブさに苦しんでいるあなたへ①
未来について不安になるのは、過去の経験を投影しているだけ

man in black jacket holding camera
Photo by Jakob Owens on Unsplash


あなたがもし今何か心配していることがあるとします。

ポジティブに考えようとしてもネガティブな感情だけが湧き上がってきます。

それはなぜでしょうか?

人間の脳はポジティブな感情よりネガティブな感情の方が記憶に残りやすいと言います。

あなたは知らず知らずの内に、過去の経験から「きっと未来もこうなってしまうに違いない」と未来の自分を投影しているに過ぎないのです。

きっとあなたが過去に成功していることをそう遠くない未来に行うとなると「きっとまたできるはず」と思えるはずです。

HSPのネガティブさに苦しんでいるあなたへ②
深く考えてしまっていませんか?

man sitting on chair while using laptop on his lap near sofa inside room
Photo by Dollar Gill on Unsplash



HSP気質のとして物事を深くじっくり考える特徴があることはこれまで述べてきました。

そして人間は深く考えてリスクであると思われることを広げて考えていくので、知らぬ前にあなたは不安な気持ちに駆られてしまいます。

様々な仮説や結果を考えていく過程でその様になってしまっている訳です。

何か考えてもあまり良いことにならなそうと感じたら、注意を他にそらすために買い物へ出掛けてみたりゲームをしてみたりと行ってみましょう。

HSPのネガティブさに苦しんでいる方へを読んだあとのおすすめ記事

開業価格/HSPに関する質問とご相談お受けします 現役HSP心理カウンセラーによるカウンセリング