HSPの疲労回復

HSPに必要な疲れの取り方について

HSPはに日常生活において様々な刺激をそれを防御するフィルター無し受け止めている為、非常に疲れやすいと言われています。

そんな中でHSPが毎日を健やかに過ごすために、疲労をケアしていく必要があります。

このページではHSPにとって大切な疲労の取り方についてお話していきます。

HSPに必要な疲れの取り方について①よく寝ること

Russian Blue cat sleeping on whit textile
Photo by Alexander Possingham on Unsplash

脳の疲労を取る最高の方法は「よく寝ること」です。
寝る時に明かりを暗めにしたりアイマスクや耳栓をして刺激を少なくした状態で寝ることでより快眠することができます。

最適な睡眠時間は8時間くらいと言われています。たくさん寝過ぎても頭痛がしたり目覚めた時に深いな感じになってしまうので寝過ぎには要注意です。

日中のパフォーマンスや作業効率を上げる為に、毎日しっかり睡眠時間を取りましょう。

HSPに必要な疲れの取り方について②音楽を聴いてみる

black headphones on floor
Photo by FPVmat A on Unsplash

なにも良い刺激の取り入れ方は視覚だけではありません。

世の中にはたくさんの音楽に溢れていますので
昔自分が好きだった音楽、今流行りのアイドルグループの楽曲などを聞いてみると頭がスッキリしたりします。

今ではYoutubeなど無料の配信ツールはたくさんありますから手軽に自分が好きな音楽を聞くことができますね。

ハードロックなどはHSPにとって急激にテンションを上げてHSPの脳疲労を高めてしまうかもしれません。

聞くジャンルにも気を付けましょう。

HSPに必要な疲れの取り方について③信頼できる人に気持ちを話す

two women sitting beside table and talking
Photo by Christina @ wocintechchat.com on Unsplash

HSPにとって自分の気持ちを誰かもかまわずに話すことは非常にハードルが高いことです。

しかしあなたがとても信頼できる友人、パートナー、家族へ自分が感じたことを取り留めなく話すことができたらそれだけでリフレッシュすることができます。

普段から自分の気持ちを気楽に明かすことができない気質のHSPにとって、手軽にできる有効な方法になります。

HSPに必要な疲れの取り方についてを読んだあとのおすすめ記事