HSPとの付き合い方

HSPにツイッターが向いていない理由

現代において私達が利用するインターネット上のサービスはたくさんあり、生活に身近なものになっています。

とりわけSNSはFaceBook,Instagram,Twitterなど挙げればきりがないくらいです。

もちろん私自身も毎日使っていておかげで情報をたくさん入手できています。

今回タイトルを見て「え?」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、
HSS型HSPである私がSNSを数々のSNSを使ってきて、これはHSPには向いてないのでは・・・と
思ったTwitterについてお話をしていきます。

HSPにツイッターが向いていない理由①ストレスを抱えたいろんな人がいる

person behind fog glass
Photo by Stefano Pollio on Unsplash

SNSには本名でアカウント作るFacebookなどはあるものの、匿名でアカウントを作って利用できるものがほとんどです。

気軽につぶやけることで人気のTwitterもその中の一つ。

元々インターネットで投稿する掲示板として「2ちゃんねる」が有名になりました、Twitterは今やその2ちゃんねる以下と言われるほど炎上しやすいSNSとして有名です。

HSPのあなたが例えば自分がこう思うという意見をツイートした時に、いきなり「その意見はおかしい」や罵倒するような内容を返信が届たりして嫌な思いをした方も多いかもしれません。

私も過去の経験として自分がツイートした内容に攻撃的な内容で返信を送られしばらくそのことが頭から抜けなかったことがあります。

そういった攻撃的な内容を送ってくる方のプロフィールやツイートを見ると、毎日仕事に不満を抱えていたり精神疾患をもっていたりと本当に様々な背景をもった方が多かった印象です。

HSPである私達は感受性が高い為、そういった負のエネルギーの影響を非常に受けやすいです。

Twitterがそういった土壌になってしまったのは悲しいことですが、あなたが生活する上で必ずTwitterを
しなければならない訳ではないので使わないことがそういった刺激を受けない最善の方法です。

HSPにツイッターが向いていない理由②時間を使ってしまう

round Timex analog clock at 2:33
Photo by Sonja Langford on Unsplash

世の中にはSNSへ依存してしまう方がいます。

HSPは何か一つのことに没頭しやすい傾向があり、特にインターネットは依存しやすいです。

あなたが毎日生活する中で気付いたらスマートフォンや携帯電話を開いてしまったり、ゲームをしていたり。

たしかにストレス軽減や気分転換に使用するのは良いことですが、他にもやることがあるのにそれに没頭してしまうと生活に影響が出てしまいます。

何事もやりすぎ、使い過ぎには注意しましょう。

HSPにツイッターが向いていない理由③刺激が強すぎる情報が流れてくる

person holding smartphone
Photo by Rodion Kutsaev on Unsplash

たまにTwitterには暴力的なものが流れてくることがあります。

私が見た事があるのが動物を虐待していたり、外国人の技能実習生が上司を殴っている、学校のいじめなど
目を覆いたくなる様な内容です。

SNSを使っていると予告なくそういった動画がおススメやタイムラインに流れてくるのです。

日中はまだ良いのです(よくはないです)が、これが朝一番の満員電車の中や就寝前などに目が入ると感受性の高いHSPには良い効果がありません。

HSPにツイッターが向いていない理由 まとめ

今回HSPへTwitterをおススメしない理由を述べてきましたが、これは必ずやるな!と言っている訳ではなく
当然良い面もあり、私自身Twitterで自分の価値観を共有して共感してもらえる様な忘れられない人達との出会いがありました。

別記事にも書いているのですが、HSPにとって共通の考え方や嗜好を持った人達と出会うにはSNSは最適のツールだと思います。

どれくらいの時間を使ってまたどれくらいの熱量でやるかは自分次第な訳ですが、あまりのめり込まない程度にやることをおすすめしたいですね。

SPにツイッターはおススメしない理由を読んだあとのおすすめ記事