HSPとの付き合い方

HSPにとって相性が悪い人を考える

HSP(ハイリーセンシティブパーソン)にとって何となく一緒に居て合わないなと感じる人は、その繊細さ故に意外と早く判断がついたりします。

そう認識することでその人とは距離を置いたりして関係をもたないように行動することで自分が傷つくことを避ける意図があると言えます。

それではHSPにとって相性が悪い人とはどんな人のことを指すのでしょうか?

このページでは考えていきます。

HSPにとって相性が悪い人を考える① うるさい人

orange megaphone on orange wall
Photo by Oleg Laptev on Unsplash

HSPは音や光の刺激に弱いです。

なのでたまにとても声が大きかったり、集中したいのに話し掛けてくる様な人とは距離を作りがちです。

そういった人は自分が避けられていると気づかないで接してくることが多いので、非常にHSPにとって困った存在になるのですが向こうが距離を詰めてこようとしてもできるだけ距離を離して保つ様にしましょう。

HSPにとって相性が悪い人を考える② ヒステリックな人

closeup photo of ferret
Photo by Jason Hafso on Unsplash

HSPは感受性が高く、人が出しているオーラや機嫌に気持ちが揺さぶられて疲れることがあります。

そんな中ですぐに感情的になって、ヒステリックに色々話す人は苦手な存在です。

どちからかというと感情の起伏が少ない、メンタルが安定している人が相性が良いでしょう。

HSPにとって相性が悪い人を考える③ マイナス思考の人

purple petaled flowers painting
Photo by Jr Korpa on Unsplash

HSPは協調性に優れていて、相手の意見に対して基本的に肯定的に捉えて相手の気分を損ねない様に接していきます。

なので、相手がネガティブでマイナス思考のことばかり話すと「そうだよね・・・」と気付いたら一緒に落ち込んでいたりします。

HSPは他人主義的なところがあるので、いつの間にか自分事になってしまうんですね。

HSPにとって相性が悪い人を考える④ わがままな人

low-angle photo of pink and orange balloons
Photo by Hybrid on Unsplash

HSPにとって人の意見を否定することはとてもハードルが高いことです。

そういった背景がありながら自分の主張を繰り返す人と距離が近くなってしまうとその人に自分が振り回されることになる為に注意しましょう。

例えばいつもその人が行きたい場所に行かないといけなくなったり、食べたいものも合わせてしまって結果ストレスが溜まることに。

HSPにとって相性が悪い人を考える⑤ マナーが悪い人

white cigarette stick on white wall
Photo by Andres Siimon on Unsplash

HSPは人の気持ちが分かるだけに良心的だと言われています。

そんなHSPにとって周りの迷惑を考えない人間は自分とは真逆の気質を持った人になる為、避ける傾向があります。

具体体的にはマナーを守らず独りよがりなことをする人や協調性に欠けるような人達のことです。

HSPの気質とは正反対の様な性格なので合わないのも当然です。

HSPにとって相性が悪い人を考えるを読んだあとのおすすめ記事