HSPとの付き合い方

HSPとの向き合い方について考える

人間、HSP(ハイリーセンシティブパーソン)であろうとなかろうと日々自分と向き合って人生を歩もうとしたり問題解決の為に努力されていると思います。

HSPの場合、その特徴が定義化されインターネットや書籍で知ることができる為比較的自分と向き合いやすいのではないでしょうか。

このページではHSPと向き合う時に考えると気持ちが楽になる方法について述べていきます。

HSP(Highly Sensitive Person)ハイリー・センシティブ・パーソンとは

HSPとは1996年アメリカの心理学者のエレイン・N・アーロンにより提唱されたHighly sensitive personの略で高い感覚処理感受性を有する人、または気質のことを指します。

HSPの特徴

  • 一つのことを深く考えるのが好き
  • 共感しやすい
  • 感受性が豊か
  • 人にやさしくできる
  • 大きな音や光の刺激が苦手
  • 人混みが苦手
  • 気を読み過ぎて疲れる
  • 近くで誰かが怒られていると自分が怒られている様な気分になる
  • 忘れたい過去が繰り返し蘇る
  • 他人に何か指摘されると中々そのことが頭から離れない
  • 周りが自分をどう思っているか強く気になり不安になる

HSPとは上記の様な特徴がありますが、病院やクリニックへ行かれる際も「治療」を目的として治すものではありません。
診療やカウンセリングをお受けになる際も「HSPを治したいので薬を処方して欲しい」といったスタンスより薬物治療なしでHSP気質が改善する考え方やコツの習得を目指されたらと思います。

HSPとの向き合い方について考える①
頭に浮かんできたことは必ずしも本音ではないことを知る

silhouette of two person sitting on chair near tree
Photo by Harli Marten on Unsplash

HSPが物事を深く考えていく中で、他人に対して悪い印象や言葉が浮かんできて「こんなことを考える自分は悪い人間だ」と落ち込んでしまうケースがあります。

しかし、これはあなたが本当にそう思っているのか?ということ考えると必ずしもそうだとは言えません。

自分が考えているのだから自分の本音に間違いないだろうと思われるかもしれませんが、実際は人間が物事を想像したり考える時には自身が体験した経験から引きだそうとします。

ですのであなたが物事に対して、もし悪い印象を抱いたりするということは過去に似たシチュエーションで嫌な思いをしたり、自分と合わない人がいたりという経験を既にしているのです。

これは自然にあなたの頭に直感的に浮かんでくることなので自分を責める必要はありません。

HSPとの向き合い方について考える②自分を大切にする

man and woman holding hands on street
Photo by Rémi Walle on Unsplash

HSPは共感性が高い為、人の意見や気持ちに左右されてしまい相手と自分との境界線があいまいになりがちです。

あいまいになってしまうと自分の気持ちを優先して物事を進めることができず「相手が不快な気持ちにならないなら多少自分が犠牲になってもいい」と考えてしまうのです。

これは自己肯定感を下げることに繋がり、何か失敗した時に「やっぱり自分はダメな人間だ」「自分は能力が低い」と事実と異なるネガティブな感情を引きずる原因となります。

そうなるまえに世界には自分と同じ人間はいなくて自分も幸せになるべきという気持ちを忘れないでください。

HSPとの向き合い方について考える③良い面もあることを知る

two pink flowers
Photo by Dan Gold on Unsplash

世の中ではHSPがまるで繊細過ぎて生き辛い面しかない様な発信のされ方をされることがあります。

しかしHSPには繊細で感受性が豊かだからこそ見える世界やメリットがあります。

HSPの強み
  • 感受性やイマジネーションが豊かなこと
  • ひらめきに優れ、行動力がある
  • 話に共感してアドバイスできる
  • チームワークができる
  • コツコツ作業が苦にならない

HSPとの向き合い方について考えるを読んだあとのおすすめ記事

<累計メール相談数が100件を越えました>
HSP相談