HSPとの付き合い方

HSPで毎日生きるのが辛いあなたへ

\満足度93%のHSP相談はこちら/

<提携先オンラインカウンセリング>

HSP(ハイリーセンシティブパーソン)はその繊細さ故に、とても毎日に生き辛さを感じている方がたくさんいらっしゃいます。

このページに辿り着かれた方は、まだHSPについて詳しくは知らなかったり、毎日が楽しいと感じているというより何かしらに不満を感じていたり、生き甲斐を無くしていたりと様々だと思います。

私は強度のHSS型HSPですが、実は自分がHSP気質であると分かる前とても精神的に辛くて毎日死んでしまいたいとさえ思っていました。

文字にすると軽く聞こえてしまうかもしれませんが、周りは輝いて見えるのに自分は本当にダメだと感じて深く考え悩んでいたのです。

「そう考えなくなる日はいつになったらやって来るのか」「一生こんな気持ちを抱えて生きていくのか」悩んでいましたが、HSPを知り向き合い自分に合った環境に変えた結果気持ちがフッと楽になり消えました。

このページではHSPで生きるのが辛いあなたへ、なぜ辛いのか、気持ちが楽になる対処法についてお話していきます。

HSP(Highly Sensitive Person)ハイリー・センシティブ・パーソンとは

HSPとは1996年アメリカの心理学者のエレイン・N・アーロンにより提唱されたHighly sensitive personの略で高い感覚処理感受性を有する人、または気質のことを指します。

HSPの特徴

  • 一つのことを深く考えるのが好き
  • 共感しやすい
  • 感受性が豊か
  • 人にやさしくできる
  • 大きな音や光の刺激が苦手
  • 人混みが苦手
  • 気を読み過ぎて疲れる
  • 近くで誰かが怒られていると自分が怒られている様な気分になる
  • 忘れたい過去が繰り返し蘇る
  • 他人に何か指摘されると中々そのことが頭から離れない
  • 周りが自分をどう思っているか強く気になり不安になる

HSPとは上記の様な特徴がありますが、病院やクリニックへ行かれる際も「治療」を目的として治すものではありません。
診療やカウンセリングをお受けになる際も「HSPを治したいので薬を処方して欲しい」といったスタンスより薬物治療なしでHSP気質が改善する考え方やコツの習得を目指されたらと思います。

HSPで毎日生きるのが辛いあなたへ①なぜ辛いのか?

brown bare tree under cloudy sky
Photo by Uwe Conrad on Unsplash

あなたが今辛いと感じるいることはどんなことが理由なのでしょうか?

仕事、家庭、彼女・彼氏、自分の将来のことと挙げればその理由はきりがないのかもしれません。

HSPの特徴の一つに「物事を深く考えて処理すること」という点があります。

非HSPが「そんな小さいことで」と思うようなことでもなぜ、どうして、どうしようと考えてしまうのです。

ですので今あなたがとても辛いのは自分が不安なことに対して深く繰り返し考えている状態だからなのかもしれません。

HSPで毎日生きるのが辛いあなたへ②仕事のことで辛い

man sitting facing monitor
Photo by Simon Abrams on Unsplash

現代においてHSPであろうとなかろうと仕事に関する悩みを感じている日本人は多いと聞きます。

そんな中刺激に弱いHSPであれば、そのストレスは想像を超えてる精神的負荷がかかっていると思います。

職場での人間関係、仕事内容について悩んでいるHSPへお伝えしたい対処法は下記の通りです。

対処法
  • 嫌いな人との接点を極力作らない
    もし自分と合わないと感じている上司、同僚がいた場合に作らなくてもいいのではあれば極力近づかず接点を作らない様にしましょう。

    苦手意識はあなたを疲弊させ、マイナスな気持ちへ引っ張っていきます。
    もしどうしても連絡しないといけない相手な場合は、電話だったりメールで送って用を済ませてしまいましょう。
  • 転職活動してみる
    人は悩んでいる時に一つの世界しか見えなくなったり、自分は逃げられないと思いがちです。

    しかし実際はそんなことはなく、職場もたくさんあってあなたが嫌だったら逃げたっていいのです。

    実際に転職活動してみたら今の会社の良さを実感できる時もあるのでまずは行動に起こしてみることでしょう。

HSPで毎日生きるのが辛いあなたへ③恋人とのことで辛い

woman sitting on black chair in front of glass-panel window with white curtains
Photo by Anthony Tran on Unsplash

HSPが恋人のことで悩むことは意外に多い内容の一つです。

一緒にいる時間が比較的多くなるのと真剣に交際したいと考える傾向にあるので将来を考えて不安になることが多い様に思います。

恋愛について悩んでいるHSPへお伝えしたい対処法は下記の通りです。

対処法
  • 接し方に悩む
    自分がHSPだと分かっている為、相手が自分のことを理解してくれるか不安があるかと思いますが、早い段階で自分がHSP気質であることを伝えた方が恋人と上手くいくと思います。

    繊細さを伝えておく事でデートの場所やスケジュールの立て方など自分の都合ばかりではなく相手の意見も聞きながら話していきましょう。
  • 相手が自分の事を本当に好きなのか不安
    HSPは洞察力に優れている為、相手の気持ちを察するのが上手です。
    しかし実際に相手が考えていない様なネガティブな感情を膨らませて落ち込んだり、相手を疑ってしまうことがあります。

    「怒らないから本当のあなたの気持ちを教えて欲しい」と常に考えている節があるのですが、実際に相手がどう考えているのかはパートナーにしか分かりません。
    本当に愛しているのに疑われると相手を傷つけることにも繋がります。
    ですので、あまりあることないことに想像を膨らますのは一旦止めようと考えることも時には大切です。
    ※自分が好きな趣味や没頭できることをして意識を他の事に向ける良いと思います。

HSPで毎日生きるのが辛いあなたへ④将来に対する不安

brown concrete road during daytime
Photo by Johannes Plenio on Unsplash

一般的な脳の働きとして「よく分からないもの」について恐怖感や不安感を覚える傾向があります。

よくバラエティ番組で目をつぶって箱の中身を当てるというコーナーがありますが、まさにあの状態です。

将来についてもどんなにお金持ちや優秀な占い師でも100%当てることはできません。

人間は何かを予測する時に無意識に過去にあった自分の経験からデータを引っ張り出そうとします。

そして成功体験より失敗体験の方が人の脳には残りやすい。

こういった背景から将来を想像しようとした時に不安を覚えやすいことは脳の働きとしてごくごく普通のことなのです。

対処法
  • 浮かんできたことはそのまま受け流す
    前述した通り、脳はあなたの経験から予測される未来を頭の中に作り出します。

    一つ一つに浮かんできた不安な将来について反応するのではなく、川に葉っぱが流れてくるを見る様に受け流してみましょう。
  • 行動してみる
    考えてみて何か不安に感じることがあった際はじっとしていると頭にたくさんのことが浮かんできてしまうので、何か行動に起こしてみることをおススメします。

    将来恋人ができるか不安だった場合は信頼できる友人に相談して紹介してもらったり、結婚について不安がある様だったら結婚相談所のアドバイスを受けるといった感じです。

    前進している感じを敏感に感じて不安が解消されることがあります。

HSPで毎日生きるのが辛いあなたへ まとめ

HSPカウンセラーとして活動していて「生きているのが辛い」とHSPの方から聞くと私も過去の事を思い出すことがあります。

それは悲観的な意味ではなく、自分も相談者の方と同じ経験をしているで気持ちに寄り添うことができると今では前向きに捉えています。

道は一つしかないし、未来には希望も何もないと考えていましたが今こうやって生きていると人生は山あり谷ありなんだなと俯瞰して見れるところまで成長することができました。

このブログを見てHSPが前向きに暮らしていき、そういえばあの時のカウンセラーがあんなこと言っていたなと思ってもらえたら幸いです。

HSPで毎日生きるのが辛いあなたへを読んだあとのおすすめ記事

ツールバーへスキップ