HSPとの付き合い方

HSPで嫌われてしまうタイプの人とは?

woman in black shirt standing on street during daytime
\満足度93%のHSP相談はこちら/

<提携先オンラインカウンセリング>

最近では少しずつですが、HSPに対して聞いたことがあるという方も増えてきました。

しかし中にはHSPに対してあまり良いイメージを持っていない方も多く、自称HSPで繊細さ故に周りに配慮を求める様な人に対して「繊細ちんぴら」「繊細さんはうざい」と思っている人達もいるそうです。

それではHSPで周囲から嫌われてしまうタイプの人はどんなところなのでしょうか?このページでは考えていきます。

HSPで嫌われてしまうタイプの人とは?①事あるごとにHSPを理由にする

woman in blue crew neck t-shirt wearing black sunglasses

HSPで周囲から嫌われてしまう人のタイプとして何か自分にとって不都合なことがあった時に何に対しても「私HSPだから・・・」と周りに落ち込んでいるのを悟られてしまう人です。

周囲からみれば「そんなのHSPでなくても誰でも気にするでしょ」ということもHSP気質に含まれており、何だかんだ理由を付けてHSPにしたいという様に見えてしまっている様です。

HSPであることが事実だとしても、周囲への伝え方や表現の仕方でなかなか理解が得られないこともあるのです。

HSPで嫌われてしまうタイプの人とは?②ずっと落ち込んでいる

man sitting beside wall during daytime

HSPは一度傷つくと完全に立ち直るには非常に時間がかかります。

それは嫌なことが何度も反芻する様に思い浮かんで、その度傷ついてしまうからです。

ですので、周囲から見れば「そろそろ元気だしなよ」とイラつかせてしまう様なこともある様です。

たしかに目の前でずっとくよくよされたら周囲の空気も悪くなるのでいい加減にしろと言いたい気持ちがあるのも理解できます。

そんな時は少しずつでも前を向いて頑張ろうとしている姿を周囲に感じさせることができれば状況は変わるかもしれません。

HSPで嫌われてしまうタイプの人とは?③HSPであることを周りに押し付ける

two men and four women meeting in office

自分がHSPであることをカミングアウトする際は人を選んだ方が良いと個人的には思います。

そうでもしないと誰しもがHSPという概念を理解してくれるとは限らない為です。

特にHSPがする行為として嫌われるのがHSPであることを言い訳にしてできないことを増やしていくことです。

職場でも「〇〇さんはちょっと繊細そうだから言い方に気を付けないと」「あの人には荷が重いかな」と気を遣わせるだけ気を遣わせていて本人は居心地が良いかと当たり前だ、と不満を持っている人がいないとも限りません。

ですので、HSPであることを相談したりカミングアウトする相手は信頼できる友人、パートナー、家族、同僚ぐらいにしておく方が良いでしょう。

HSPで嫌われてしまうタイプの人とは? を読んだあとのおすすめ記事

ツールバーへスキップ