HSPと仕事

HSPで仕事が辛いと感じているあなたへ

生活をしていく為に、仕事をしてお金を稼いでいくことはどうしても必要になります。

何もしなくてもお金が毎日入ってくる様であればいいのでしょうが、そういった方はほんの一握りでしょう。

いまこの記事にたどり着いてお読みいただいているあなたは既に心身ボロボロで疲れて来られた方が多いかと思います。

あなたの周りの人はなかなかあなたの頑張りを認めてくれずそれに対してあなたは悲しみを抱いているかもしれません。

しかしあなたはもう十分頑張っています。それを馬鹿にしたり笑ったりする権利は誰にもありません。

今日はHSP(ハイリーセンシティブパーソン)が故に毎日の仕事が辛いと感じている方向けに心が少し楽になる方法について述べていきます。

HSPで仕事が辛いと感じているあなたへ①
自分の居場所は一つではないことを知る

woman facing body of water
Photo by Agnieszka Boeske on Unsplash

今あなたは仕事が辛い、もう辞めてしまいたいと思っているかもしれません。

そして辞めてしまったらどうしたらいいだろうかという不安でストレスに感じていることでしょう。

いい加減なことを言うつもりはないのですが、仕事が合わなければ同じ職種で会社を変えてみる、日本に自分に合う会社がないのであれば海外に行ってみるなど世の中可能性に溢れています。

つまり人は自分にとって苦しい状況になると視覚狭窄が起きて「自分にはこの選択しかない」「これをするしかない」と思う様にできています。

そうなることで人が持っている可能性が狭めてしまうのですが、頭のどこかで「世界はもって広くて自分はどこでも生きていけるんだ」というマインドを持っておくと気持ちが少し楽になるかと思います。

HSPで仕事が辛いと感じているあなたへ②
自分ができる仕事を変えてみる

person typing on Apple Cordless Keyboard
Photo by Damian Zaleski on Unsplash

例えばあなたが営業をしていて自分には営業は向いてないと感じているのであれば、仕事は営業しかない訳ではないので変えてみることをおススメしたいです。

そんなこと言われてもと思われる方がいるかもしれませんが、私は大学卒業後に接客や営業と自分に全く合わない仕事をしてきて今は心理カウンセラーの仕事とフリーランスでWebマーケティングのお仕事をしています。

つまり今あなたが営業をしつつ実はプログラミングの仕事をしたいと思っていてそんなことをができないと思っていても、まだ行動を起こしていないだけでその希望を実現させる可能性があるということです。

HSPはどうしても未来に対して慎重でネガティブな面から入る気質があるのですが、よく考えてそれが自分の中で腑に落ちて行動に移すことができれば明るい未来が待っているのです。

HSPで仕事が辛いと感じているあなたへ③
短期的に環境を変えてリフレッシュを図る

green leafed tree
Photo by Kumiko SHIMIZU on Unsplash

これは何も仕事を辞めなくても通常週に2日間ある休みにしっかり休みを取ってまた週5日頑張るという方法になります。大半の社会人の方はこの方法で日々生活されているかと思います。

HSPにとって感受性が高い面を良い方向に働かせて気分をリフレッシュさせることができます。

短期的に環境を変えてリフレッシュを図る – 旅行へ行ってみる

いまは交通機関が非常に便利で日帰りで日本国内どこへでも行ける様になりましたし、場所によっては海外旅行ですら可能になりました。(現在はコロナ禍で渡航できないこともありますが)

交通機関は飛行機でも、車、電車でも何でも良くつまり自分にとってあま馴染みのない場所へ行ってその風景を見ることがHSPにとって良い刺激になって癒されるのです。

短期的に環境を変えてリフレッシュを図る – マッサージやスパへ行く

これは物理的に身体に良い刺激を入れて癒していく方法です。

HSPはマッサージやスパ、アロマなどの刺激の効果が高い傾向にありますので
こういった機会を定期的に作ってケアをしていくことはマストです。

HSPで仕事が辛いと感じているあなたへを読んだあとのおすすめ記事