HSPとの付き合い方

HSPはNOと言うコツ3つのコツ【役に立つ】

brown eggs on white textile
\満足度93%のHSP相談はこちら/

<提携先オンラインカウンセリング>

日本人は外国人に比べて「NO」と言って相手のリクエストを断るのが苦手だと言われていますが、HSPにとって相手の要望に対してNoと断ることで相手が不快な気持ちになるのではない?嫌われるのではないか?という気持ちが強く働くのでやりたくないことでも「Yes」という返事をしてしまいがちです。

HSPは繊細さんであり、他人が何を求めているかどんな感情か感じる読み取る能力に長けています。

期待に対して裏切ることでがっかりさせたくないのです。

Noと言える強さや方法を学ぶことはHSP気質と上手く付き合っていく為に一つの課題です。

HSPはNOと言うコツ3つのコツ①できれば直接断る

woman in black long sleeve shirt holding black ceramic mug
Photo by Priscilla Du Preez on Unsplash


今はスマートフォンやインターネットが普及してメッセージで相手に自分の気持ちを伝えることはとても簡単になりました。故に相手の気持ちが分からずトラブルになることも増えた印象です。


あなたに何か依頼や誘いをする人は少なくとも貴方に悪い印象を持っていません。

そんな相手にメールやメッセージアプリで「できません」「行きません」というメッセージだけで済ませてしまうと相手は「なんだコイツは!」と思う人もいるかもしれませんよね。


そういった心象を考えれば、できれば断る時は電話や直接相手の顔を合わせてお断りするがベターです。

HSPはNOと言うコツ3つのコツ②仕事で無理難題を言われた時

man in black crew neck t-shirt sitting at the table
Photo by Bermix Studio on Unsplash


仕事上、ちょっとできないなと思うことをNoと言えずに「できます!」と言って結局できなかった経験ってありませんか?相手の期待を裏切りたくなくて受けたのに結局失望されてそれでは逆効果です。


それではあれば依頼をされたタイミングで「ここからここまではできます。

しかしここから先はできないのでどうにかなりませんか?」と一部を受けて一部はお断りすると相手もがっかりせずにコミュニケーションが取れると思います。

HSPはNOと言うコツ3つのコツ③すぐに決断できない内容には

person holding white mini bell alarmclock
Photo by Lukas Blazek on Unsplash

相手からのリクエスト・要望に対してその場で決断できない時は「〇〇時まで時間もらって良いでしょうか?考えさせてください。」と時間を使って考えることをお勧めします。

HSPは物事を深く考えることができるので、その場で迷ったらそのまま受けるのでなく、時間を使うことでよりその物事を良い方向で運ばせることができるでしょう。

HSPはNOと言うコツ3つのコツを読んだあとのおすすめ記事

ツールバーへスキップ