HSPとの付き合い方

HSPが止めて気持ちが楽になったこと

\満足度93%のHSP相談はこちら/

<提携先オンラインカウンセリング>

HSP(ハイリーセンシティブパーソン)は繊細さが色んな場面において邪魔をしてストレスを感じやすい傾向があります。

しかし自分がHSPであることを自覚して、その気質に合う様に生活をアレンジしていくと今までのストレスが嘘だったかのように楽になることがあります。

このページではHSPが止めてみたらとても気持ちが楽になったことについて述べていきます。

HSPが止めて気持ちが楽になったこと①過度な人付き合い

brown game pieces on white surface

HSPは周囲の自分への評価が悪くなるのを恐れて、誰に対しても良い顔をしてしまいがちです。

グループの中でも気を遣うことができる優しい人柄で信頼も受けやすいのですが、誰構わずに交友関係を広げるのはとても危険です。

理由としては交友関係が広げすぎると、自分が出席しなくてもいい様な会にたくさん誘われてHSPに必要な一人になって身体と脳を休めるといった作業の隊員具を逸してしまうことがある為です。

また本当にいたい人達といれなくなるという面でも時間の無駄遣いになるケースがあります。

HSPにとって最適である相手も自分のことを大切にしてくれるような人達に時間を使う様にしましょう。

HSPが止めて気持ちが楽になったこと②HSPを克服しようとすること

silhouette photo of man jumping on body of water during golden hour

HSPによくあることとして、「HSPを治したい」と考えることです。

普段から感じている繊細さに疲れて、HSPを治すことでそういった苦労から解放されたいというポジティブな気持ちでその様な考えをお持ちだと思うのですがHSPは精神病の類のものでない為そもそも治すということができません。

それにも関わらず、例えば人前で話すのが苦手だから場数をこなして無理に慣れようとしたり、周囲との協調性を捨てて大胆に生きようとしてもそれは本来のHSPであるあなたの姿ではない為、結局反動でつぶれてしまうのです。

HSPを克服して無くそうとするのでなく、HSPがどんな気質か知り向き合う様にしましょう。

HSPが止めて気持ちが楽になったこと③人の人生を生きる事

clear hour glass beside pink flowers

これもHSPによくあるのですがいつも人を気にしたり、他人の意見に左右されたり、比較することを止めましょう。

あなたが他人が気になって比較をして、自分がダメな面を見つけて落ち込んでいても残念ながら何も変わることはありません。むしろマイナスに働くことの方が多い様に感じます。

そして比較されている方はそんなことも気にせず毎日を生きています。

あなたが他人に囚われている間にどんどん相手は自分や周囲の人たちが幸せになる為に生きています。

あなたも自分や周りの家族、恋人、友人が幸せになるような生き方に集中しましょう。

HSPが止めて気持ちが楽になったこと を読んだあとのおすすめ記事

ツールバーへスキップ