HSPとの付き合い方

HSPが持つ感受性の高さの活かし方について

assorted-color hot air balloons during daytime

HSP(ハイリーセンシティブパーソン)の特徴の一つである感受性の高さ。

感受性とは刺激や印象を受け入れる能力や物を感じ取れる能力のことを指していて、HSPは目に見えない刺激さえも敏感に読み取れる力に長けています。

このページではそのHSPならではの感受性の高さの活かし方についてお話ししていきます。

HSPが持つ感受性の高さの活かし方について①芸術的センスを磨く

assorted-color wall art
Photo by Alexander Schimmeck on Unsplash

感受性の高さを活かして、受けた刺激やインプレッションを自分の世界観で表現しているアーティストはたくさん世の中にいらっしゃいます。

一般的にHSPはこの芸術性のところで高い評価を受けていることが多いのですが、何もプロとして食べていくということだけがHSPの感受性の高さを活かすことではありません。

日常生活の家具選びや料理をする際に活かされたり、特にプロにならなくても活かせる場はたくさんあるのです。

HSPが持つ感受性の高さの活かし方について②傾聴すること

man in black jacket standing beside body of water during sunset
Photo by Aarón Blanco Tejedor on Unsplash

HSPは人から何か相談された時に、まるでその内容が自分に起きたかのように親身になって話を聞くことができます。

これは意図的にそうなるというよりも自然にそうなってしまうという言い方が正しいでしょう。

世の中には人の話しを聞くことが苦手という人もいますからこれはHSPにとっては大きな長所と言っていいでしょう。

結果として真摯に対応するあなたの姿勢は周りから信頼を得ることに繋がるのです。

HSPが持つ感受性の高さの活かし方について③人を助ける仕事につくこと

woman standing near person in wheelchair near green grass field
Photo by Josh Appel on Unsplash

HSPは他人軸で物事を考える為に、もし目の前に困っている人がいると「何か自分にできるだろうか」「助けてあげたい」という気持ちが先行して考える傾向があります。

そういった良心的な部分を活かして看護師、介護福祉士など人を助けることに生き甲斐を感じて職業にされる方は多くいらっしゃいます。

実際夜勤があったりとかなりのハードワークなのですが、悩みながらも多くの人々を助けているHSPがいるのです。

HSPが持つ感受性の高さの活かし方についてを読んだあとのおすすめ記事

<累計メール相談数が100件を越えました>
HSP相談