HSPとの付き合い方

HSPが幸せを感じる時について

HSP(ハイリーセンシティブパーソン)は、その感受性の高さから何気ない事柄などにも感動することができると言われています。

それではHSPは具体的にどんなシーンや事柄に感動できるのでしょうか。

このページでは考えていきます。

HSPが幸せを感じる時について① 褒められたとき

boy sitting on bench while holding a book
Photo by Ben White on Unsplash

これはもちろん誰でも褒められれば嬉しいはずですが、HSPはとても思慮深くよく考えて結論を出したり行動を起こすため、それに対して周りから褒められると非常に深く喜びを感じます。

これはHSPは周りをよく観察して、周囲が動きやすくなる為に動く能力に長けているのですが意外にそういった縁の下の力持ち的なところは評価されずらいので、褒められ慣れていないことにも起因しています。

HSPが幸せを感じる時について② 人に愛されているとき

heart marker print
Photo by Michael Fenton on Unsplash

これもHSPの感受性の高さに関わる部分なのですが、異性だけでなく家族や友人から大事にされている、愛されていることを感じるととても幸せな気分になります。

またたくさんの愛を受けることで与えてくれた人の気持ちに応えようとするのもHSPの特徴です。

例えば職場の人間関係が良く、頼られている様な場面では「会社の為に頑張ろう!」と凄く貢献への意欲も人一倍でてきたりするのです。

HSPが幸せを感じる時について③ 必要とされていると感じるとき

grayscale photo of persons hand
Photo by Thomas Claeys on Unsplash

HSPは誰かに必要とされると嬉しくなり、その気持ちに120%の気持ちで応えようとします。

献身的なHSP気質に火が付くように頑張ろうと思うのですが、これには少し罠があって頑張りすぎると倍返しくらいであとから疲れが襲ってきます。

これは文字通り自分のキャパシティ以上の努力で頑張ろうとしたからで頑張り過ぎには注意しましょう。

HSPが幸せを感じる時についてを読んだあとのおすすめ記事