HSPとの付き合い方

HSPが仕事の辛い時の5つの対処法

\満足度93%のHSP相談はこちら/

<提携先オンラインカウンセリング>

HSPはその繊細さから仕事の環境や人間関係などの刺激にとても敏感でストレスを抱えてる方は多くいらっしゃいます。
非HSPにおいても当然仕事はストレスが溜まる作業なので疲れを感じて当たり前です。

このページではHSPが仕事に辛さを感じた時の対処法について考えていきます。

HSPが仕事の辛い時の5つの対処法① 我慢をしない

man standing on top of a mountain
Photo by Carl Cerstrand on Unsplash

あなたが本当に仕事が辛い時は仕事が終わってもすぐに明日の仕事のことを考えたり、涙が出てきたり、布団から出られなくなったり普通の状態でなくなる時があります。

HSPであれば特にその感受性の強さから上司から怒鳴られたりするとその時の気持ちが忘れられず怒られた時のみならずその後も記憶に苦しむことがあるでしょう。
これらは身体が拒絶反応を起こしているので、そのことに気付いてあげてください。

自分の気持ちに気付いたらお休みを取るか転職をして環境を変えるようにしましょう。

HSPが仕事の辛い時の5つの対処法② 自分を大切にしよう

person hugging someone
Photo by Christiana Rivers on Unsplash

あなたはその責任感の強さから「自分が仕事を辞めたら周りに迷惑をかける」と強く感じていることでしょう。
しかし会社は例えあなたが退職したとしても代わりの人材を採用して業務を遂行していきます。

あなたが我慢をし続けてもう立ち直れなくなってしまったらあなたの変えはこの世の中にいません。

本当につらい時は環境を変えてまた新しいやり直せばいいのです。

HSPが仕事の辛い時の5つの対処法③ 上司や会社で評価は変わる

man standing in front of group of men
Photo by Austin Distel on Unsplash

HSS型HSPである私も幾度となく転職を繰り返してきましたが、同じ仕事をしていてもどんな会社に勤務するか、上司の受けとらえ方で評価が全く変わります。

本当に今の仕事をしていて辛いと感じて、あまり評価されていないとしても会社を変えて上司が変わればその評価が好転することもあるのです。

あなたが活躍できる道や環境は一つだけではないのです。

HSPが仕事の辛い時の5つの対処法④ 自分の直感を信じる

trees under cloudy sky during sunset
Photo by Dawid Zawiła on Unsplash

HSPは洞察力に優れて直感で感じたことが正しいことが往々にしてあります。

あなたが今ストレスに感じていたり、ありえないと思っている会社のルールや上司や同僚の態度は
世間一般的に考えると異常なケースだったりするのです。

あなたが一般的で異常な環境にいれば、それは違和感に感じて当然です。
直感を信じてあとから後悔しない人生を歩んでいきましょう。

HSPが仕事の辛い時の5つの対処法⑤ 退職は悪いことではない

person driving car on road during sunset
Photo by Vasu Pendyala on Unsplash

退職をして人生の方向転換を図ることはあなたにとってプラスに働くことが多く悪いことではありません。

人生長い方で100年以上生きている訳ですが、歩んでいく中で志した道ややりたいことが変わっていったとしても誰もあなたを責めることはないでしょう。

あなたが前に前進していけばいつかあなたにあった会社や人に出逢えることがあるでしょうから
いま我慢し続けてそのチャンスを潰してしまう事の方が人生においては損なことなのです。

HSPが仕事の辛い時の5つの対処法を読んだ後におススメ記事

ツールバーへスキップ