HSPとの付き合い方

HSPがマルチタスクをこなす為に必要な3つの方法

HSP(ハイリーセンシティブパーソン)は基本的に複数の物事を一度に平行してこなすこと(マルチタスク)が苦手です。

それは頭の中に情報を溜めやすく、またそれらを深く考えて処理していこうという気質上、どうしても複数のことが同時に行おうとするのはHSPにとってはリスクが高いことになってしまうのです。

このページではそんなHSPがマルチタスクをこなすために必要な3つの方法について述べていきます。

HSPがマルチタスクをこなす為に必要な3つの方法①
優先順位を付ける

person writing bucket list on book
Photo by Glenn Carstens-Peters on Unsplash

大抵のことには〆切が決まっていて重要なこと、時間に猶予がまだあることなど優先順位を付けることができると思います。

この優先順位決めがHSPにとってとても重要で、いざ優先順位を決めて進行できれば作業の能力自体が劣っているわけではないので力を発揮することができます。

考えていく上で重要なのが、順序の付け方として緊急性の次に重要性が来ることです。

この認識付けをするのが苦手で来た仕事や物事を全て緊急かつ重要と認識して行動していると頭がパンクする原因となってしまうのです。

何か物事を受け付ける時は、まずいつまでのなのか確認してから内容を聞くようにしましょう。

HSPがマルチタスクをこなす為に必要な3つの方法②タスクを紙やPCで見える化する

person using laptop computer beside aloe vera
Photo by Corinne Kutz on Unsplash

HSPは目に見えないことに不安になり、ストレスを感じやすい気質を持っています。

もしあなた今、たくさんのタスクを抱えてどうしようと立ち止まりそうになっている様でしたらまずは自分がしなければならないタスクを紙に書き出したり、PCのドキュメントにタイピングで文字にして見える化するところから始めてみましょう。

書き出してみると終わりまでの道筋がよりクリアになってマルチタスクを抱えている今の状態にストレスを感じにくくなると思います。

HSPがマルチタスクをこなす為に必要な3つの方法③常に時間に余裕を確保しておく

person using laptop computer
Photo by Christin Hume on Unsplash

何か人から頼まれる時に、急ぎの案件でない場合は1日ほど余裕を持たせた〆切にしましょう。

相手が特に急いでいないのに早くやってあげた方がいいだろうと詰まった予定にしてもしできないと、相手からの信頼を失う可能性もあります。

スケジュールに余裕を持たせることはリスク管理の面でも大事なコツになります。

HSPがマルチタスクをこなす為に必要な3つの方法を読んだあとのおすすめ記事