HSPとの付き合い方

HSPがイライラを感じる時とは

flame illustration
\満足度93%のHSP相談はこちら/

<提携先オンラインカウンセリング>

HSP(ハイリーセンシティブパーソン)は基本的に温厚で優しい性格の方が多く、あまりイライラを表情に出す様なこともしないと言った方が多い印象です。

自分がイライラしていることを相手に悟られてしまい、雰囲気を悪くしたり輪を乱す様なことをしたくないという気持ちが強く働くためです。

しかしそんなHSPも人間なのでイライラを感じる時があります。

このページではHSPがイライラを感じる時について述べていきます。

HSPがイライラを感じる時とは①一人になる時間が作れない時

man sitting on bench facing sunset

HSPは刺激を受けてそれが一杯になってしまうと一人になって刺激から離れる時間を必要とします。

ずっとそうしているというより、1日の内数時間そういった時間があれば日々のストレスは解消できます。

しかしそういった時間に「ねえねえ」と話し掛けられたり、邪魔をされてしまうとそれがまた刺激になりとても不快な気持ちになるのです。

そういったことがないように一人になれる様な場所を予め決めておくか、親しい関係の人には事情をお話しておくと良いでしょう。

HSPがイライラを感じる時とは②事件などのニュースを見た時

blue bmw car in a dark room

HSPは感受性が高い為、ニュースやドラマの内容から感情が揺さぶられやすいのが特徴です。

特に昨今増えている様な詐欺事件や児童虐待などのニュースなど自分が持っている正義感と相反する様な内容にはひどく怒りを感じてニュースなどを見たあとに少しイライラしてしまったりすることがあります。

「こんなひどいことをするなんて信じられない」「絶対厳罰にして欲しい」など周囲に口頭で言わなくても自身のSNSやニュースのコメント欄で思いの丈を発散されているHSPは意外と多いですね。

HSPがイライラを感じる時とは を読んだあとのおすすめ記事

ツールバーへスキップ