HSPとの付き合い方

HSPがよく言われて傷つく言葉とは

woman in pink sweater standing near white wall
\満足度93%のHSP相談はこちら/

<提携先オンラインカウンセリング>

HSP(ハイリーセンシティブパーソン)は人口の20%程にあたると言われていますが、まだその言葉や概念が世の中に浸透しているとは言い難く、日常生活の様々な場面で傷ついてしまうHSPはたくさんいます。

しかし職場や学校と人と関わることを遮断して生きることはなかなか難しくどうしても日々を生きていていく為にはコミュニケーションが必要となります。

このページではHSPが言われて傷つく言葉をご紹介します。

HSPがよく言われて傷つく言葉とは①「考え過ぎ」

woman wearing brown sweater holding lips

私達HSPがなかなか非HSPの思考や生活を想像するのが難しい様に、HSPでない人達にとってもHSPの感情の揺れ動きが理解できないことは少なくありません。

ですので、HSPがちょっとしたことに対して悩んでいる時やう~んと簡単に返答ができずにいると「ねえ、ちょっと考え過ぎじゃない?」と声を掛けられる様な時があるのです。

しかしHSPにとっては求められていることに対して誰も傷つけることがない低リスクな最善な回答をしようとしているのにそう突き放されることを言われると「私が悪いのかもしれない」「やっぱり理解されない」と落ち込んでしまう結果となることでしょう。

HSPがよく言われて傷つく言葉とは②「早くして」

group of people walking on the stairs

前述したようにHSPは結論を出すまでに様々なシュミレーションを頭の中で行いますので、決断をする時には時間がかかります。

しかしHSPのことなど知らない人に「早くして!」とせかされると十分に考える時間を与えられない為、結果心ここにあらずのまま行動することになってしまいます。

現代社会において、特に仕事においてはスピード感は常に求められる様になっており、HSPにとってそれらに溶け込むにはとても力が要る事なのです。

HSPがよく言われて傷つく言葉とは②「くよくよし過ぎ」

person sitting on gray pavement beside grass

パートナーや友人に自分がちょっとしたことで落ち込んでいるのを見られて「そんなことでくよくよし過ぎだよ」と突き放されてしまうというケースは少なくありません。

当然HSPもくよくよしたくてしている訳ではなく、自分がどうやったら傷つかないか考えを整理して処理する時間が必要なだけなのです。

もしあなたの周りのHSPが落ち込んでいる時は特に何かアドバイスする訳でもなく、初めに話を聞いてあげることに集中してそばに居てあげましょう。

HSPがよく言われて傷つく言葉とは を読んだあとのおすすめ記事

ツールバーへスキップ