HSPとの付き合い方

HSPがやらない方が良いことについて

man running towards the city on green grass field during golden time
\満足度93%のHSP相談はこちら/

<提携先オンラインカウンセリング>

HSP(ハイリーセンシティブパーソン)が自分の気質について様々なメディアを通して分かってくるとそれらを避ける様になる為、生き方自体が楽になる傾向があります。

しかしHSPのことを知らなかったり、理解度がまだ深くない状態で間違った対応をしてしまうことがあります。

このページではHSPがやらない方が良いいくつかの点についてご紹介していきます。

HSPがやらない方が良いことについて①誰に対しても良い顔をする

sittin people beside table inside room

HSPは相手から嫌われたくないと思うあまり、嫌な仕事を引き受けたり自己犠牲をしてまで相手に何かしてあげようとします。

しかしこれを過度にやり過ぎてしまうと結局自己肯定感が下がってしまっていざという時に自分がした決断に自信が持てなかったり、常に誰かの気持ちや行動に左右されてしまうことになります。

なかなか毎回は難しいかもしれませんが、自分と相手との間に境界線を設けて自分の意見も表現する様にしましょう。

HSPがやらない方が良いことについて②克服しようとすること

person holding persons hand

HSPがよくやってしまいがちなのが、苦手に感じていることを無理やり矯正したり直そうとしたりすることです。

例えば自分はHSPで人前で話すのが苦手だから自分からそういった場に出てみようとか繊細な自分が嫌いだからちょっと派手な人達と付き合おうとしたり遊び場に顔を出してみようといったことです。

HSPは脳の扁桃体が刺激に対して過敏に反応している為、刺激に対してストレスを感じていることが医学的に説明されています。

それにも関わらず無理矢理それらを克服しようとすることは、その時は良いかもしれませんが積もり積もっていくと身体や精神の不調に繋がりかねません。

無理をして急にHSPを矯正することは止めましょう。

HSPがやらない方が良いことについて③相手を攻撃する様な言葉に触れること

person holding black phone

現代ではスマートフォンを用いて人は24時間どこでも簡単に情報を入手できる時代になりました。

それと並行して芸能人や著名な人達への誹謗中傷も社会問題化しています。

例えばあるニュースサイトのコメント欄でバッシングの内容で溢れている様なケースで、HSPが1日の間に頻繁にそういった状態を読んだりすることはおススメしません。

人を攻撃する様な言葉は人の精神衛生上良いものとは言えず、特に感受性が高いHSPにとっては大きくマイナスに働く可能性があるからです。

HSPの気持ちをポジティブにさせるには明るいニュースや人が人を助けている様なトピックが良いと言えるでしょう。

HSPがやらない方が良いことについて を読んだあとのおすすめ記事

ツールバーへスキップ