HSPとの付き合い方

HSPがあまり怒らない理由を考える

man standing on hill digital wallpaper

HSP(ハイリーセンシティブパーソン)が人間関係のことを考える上で、自分がどんな気質を持った人なのか知ることは生活をより楽にしていく為に必要なステップです。

特にHSPは性格に穏やかであまり怒らないとされています。

HSPがあまり怒らない理由はなぜなのでしょうか、このページではその理由を考えていきます。

HSP(Highly Sensitive Person)ハイリー・センシティブ・パーソンとは

HSPとは1996年アメリカの心理学者のエレイン・N・アーロンにより提唱されたHighly sensitive personの略で高い感覚処理感受性を有する人、または気質のことを指します。

HSPの特徴

  • 一つのことを深く考えるのが好き
  • 共感しやすい
  • 感受性が豊か
  • 人にやさしくできる
  • 大きな音や光の刺激が苦手
  • 人混みが苦手
  • 気を読み過ぎて疲れる
  • 近くで誰かが怒られていると自分が怒られている様な気分になる
  • 忘れたい過去が繰り返し蘇る
  • 他人に何か指摘されると中々そのことが頭から離れない
  • 周りが自分をどう思っているか強く気になり不安になる

HSPとは上記の様な特徴がありますが、病院やクリニックへ行かれる際も「治療」を目的として治すものではありません。
診療やカウンセリングをお受けになる際も「HSPを治したいので薬を処方して欲しい」といったスタンスより薬物治療なしでHSP気質が改善する考え方やコツの習得を目指されたらと思います。

two blue cruiser bicycles on graffiti wall

HSPがあまり怒らない理由を考える①空気を読んでいる

text

HSPは基本的に物事を考える時に他人軸で考えていきます。

また持ち前の感受性でもし自分が怒れば周囲がどんな反応をするか鮮明にイメージできる為、「相手や周囲に何も伝わらずに不快な気分にさせるのではないか」「怒った付き合いづらいな」とリスクを考えてしまいます。

こういった考え方の癖が空気を読んで行動していくことに繋がっていくのです。

HSPがあまり怒らない理由を考える②自分が疲れるから

silhouette of man looking at moon

HSPあるあるとしてよく挙げられるが、他人が怒られているのを聞くとまるで自分が怒られている様な気分になってしまうという話はよくエピソードです。

もしHSPが自分が怒ってしまうとそのエネルギーを自分でも受け取ってしまい疲労感を物凄く感じてしまったり、「明日からみんなと会いづらいな」「嫌われたかもしれない」と深く考えてしまいます。

世の中には怒鳴り散らしたりする人がいますが、上記の様な理由で対極的な位置にいるのがHSPかと思います。

HSPがあまり怒らない理由を考える③揉め事が嫌い

in flight dove

①②の理由を踏まえて、やはりHSPは揉め事が嫌いです。

自分だったり他人が怒っているのを見るのも嫌だと思う方が多いのではないでしょうか。

できるならみんなに仲良くしてもらっている方が当然HSPにとっては過ごしやすい日々となることは間違いないでしょう。

HSPがあまり怒らない理由 まとめ

HSPがあまり怒らない理由について理由を考察してきましたが、当然その理由には個人差があります。

今回はよく聞かれる内容を挙げさせて頂いたのですが、HSPがなぜ自分が怒らないのか言語化して頭にインプットしておくことはとても大切なことです。

ビジネスシーンなどでは怒ることが求められることがあるかと思いますが、怒りの感情からは自分でも他者からでも距離を置いておくことがHSPが毎日を過ごしやすくする為に必要なポイントになってくるのではないかと思います。

HSPがあまり怒らない理由を考えるを読んだあとのおすすめ記事