HSPとの付き合い方

HSPかもしれないと考えるあなたに伝えたいこと

man sitting on gang chair with feet on luggage looking at airplane
\満足度93%のHSP相談はこちら/

<提携先オンラインカウンセリング>

自分がHSP(ハイリーセンシティブパーソン)かもしれないと考えて少し不安に考えている方は少なくありません。

その不安な理由としては今いちHSPが何だか分からないこと、自分が繊細であることを認めた上でどうやって生活していったらいいのかという不確かなものから来る理由が多く聞かれます。

このページでは強度のHSS型HSPである筆者から自分がHSPかもしれないと考える人に伝えたいことについて述べていきます。

HSPかもしれないと考えるあなたに伝えたいこと①
まずはHSPが何かを知りましょう

white click pen on white notebook

人間が不確かな未来や事柄に不安を感じやすいです。

そしてほとんどのHSPが体験していることとして、HSPが何であるのかある程度理解できて、自分との共通点を見つけること今までの繊細さや苦しさの原因が分かり心の中の靄が晴れる様な感覚を感じるというものです。

私もHSPについてその言葉を知った時は自分との共通点との多さに非常に驚いたことを覚えています。

まずはそういった感覚になるまでHSP関連の書物を読んでみたり、インターネットで情報を探してみたり、専門カウンセラーと話してみるなどして理解度を深めましょう。

HSPについて知ることがあなた自身を知るヒントになります。

HSPかもしれないと考えるあなたに伝えたいこと②
HSPは病気ではありません

white clouds during daytime

HSPを知った頃というのは新しい病気にかかっているという勘違いから「治療したい」「すぐにこの繊細さを消したい」という気持ちになる方がいらっしゃいます。

しかし、初めに結論を言うとHSPは精神疾患ではなく生まれ持った気質である為、精神科へ行って薬を服用しても消え去ることはありません。

例えるなら誰もが生まれた後に身長を高くしたり低くしたり自由にできない様に、人が生まれた際の特徴の一つなのです。

HSPを病気と捉えるのではなく、自分の長所と考えて苦手な部分はそれに出くわす機会を減らす様に工夫をして生きやすい人生を送りましょう。

HSPかもしれないと考えるあなたに伝えたいこと③
生きづらいと感じた場合は誰かに伝えましょう

woman in black long sleeve shirt holding black ceramic mug

いまもしあなたがHSPの気質について苦しんで毎日が辛い場合は、信頼できる家族、友人、恋人、専門カウンセラーへその気持ちを伝えてください。

HSPはその場の空気や相手の気持ちを思うばかりに自分の気持ちやフラストレーションを溜め込んで生活をしてしまいがちです。

周囲からきっと聞き上手という評価であなたは自分が話すより聞く側でいることの方が多いかもしれません。

しかし、インプットばかりでは人間疲れてしまいます。

あなたが考えてること、悩んでいること、これからのことなどをアウトプットする時間や機会を設けていきましょう。

HSPかもしれないと考えるあなたに伝えたいこと を読んだあとのおすすめ記事

ツールバーへスキップ