HSPとは?

HSPとは?

HSPとは1996年アメリカの心理学者のエレイン・N・アーロンにより提唱されたHighly sensitive personの略で高い感覚処理感受性を有する人、または気質のことを指します。

あくまで病気や障害には分類されない先天性の気質で、約5人に1人の割合でHSPが存在していると言われています。

【HSPの特徴】


・一つのことを深く考えるのが好き。
・共感しやすい。
・感受性が豊か
・人にやさしくできる
・大きな音や光の刺激が苦手
・人混みが苦手
・空気を読み過ぎて疲れる
・近くで誰かが怒られていると自分が怒られている様な気分になる
・忘れたい過去が繰り返し蘇る
・他人に何か指摘されると中々そのことが頭から離れない
・周りが自分をどう思っているか強く気になり不安になる

Holiday, Woman, Only, Sunset, Solar, Romantic, B Add

HSPは治療をして治すものではない

日本では「繊細な人」という表現で呼ばれることが多いかと思います。

「他人か言われた何気ない一言がずっと頭から離れない。」「仕事や頼みごとをNoと断れない」という体験の多さからストレスを抱え結果としてうつ病などを発症するケースが増えてきました。

又、HSPを甘えや努力すれば治せると勘違いしている人が多く、そういった言葉が繊細であるHSPさんを余計傷つけたり、自ら苦手な場面に行き克服しようと頑張ってみたが余計落ち込んでしまったという話はよく聞きます。

生まれ持った気質なので背が低い人に「なぜ高くならないの?」と聞くぐらい変えようがないことなのです。

まとめ

日本では最近このHSPがメディアで取り上げられることが増えてきましたが、HSPにはその感受性の高さから芸術性に優れた一面があることや人の気持ちを汲み取ることに長けていたりと良い面を活かした生活ができること、辛い時の対処法については情報量がまだまだ少ない状況です。

HSPについて知り、正しい理解を持つことはあなたの人生をより豊かにするきっかけになります。

「自分はダメだ」「こんな性格直したい」という気持ちをそっと横に置いて、「でも自分にはこんなこともできる」と一息ついて考えていきましょう。