HSPとの付き合い方

繊細さんにおすすめしたい生き方

body of water during sunset
\満足度93%のHSP相談はこちら/

<提携先オンラインカウンセリング>

繊細さんことHSP(ハイリーセンシティブパーソン)はその繊細さ故に生きづらさを感じながら毎日生活している方は少なくありません。

きっとこの記事をお読み頂いている方の中にも同じような気持ちの方がいらっしゃるかもしれません。

そんな繊細さんにおススメしたい生き方について述べていきます。

繊細さんにおすすめしたい生き方①嫌なことからは逃げてもいい

silhouette of person standing on rock surrounded by body of water

繊細さんは周囲から「真面目」という評価を受けることが多いです。

なぜなら周りに迷惑をかけないように一つ一つの事に時間をかけてしっかり行っていく行動の傾向がある為です。

そういった評価も相まってか「絶対に失敗してはいけない」「真面目に生きなきゃ」と自分を追い込んでいってしまうことがあります。

しかし人間はロボットと違って感情で動いたり、日々の調子でいつも同じパフォーマンスが出せる訳ではありません。

時にはきっと逃げたくなる状況もあるでしょう。

そんな時は自分の心のままに少し嫌なことから距離を置いてしまう時間があっても良いのです。

常に完璧であろうとすることは知らず知らずのうちに自分を追い詰めて生きづらくしてしまいます。

そうなる前に苦手なことから逃げてしまってもよいという心の逃げ場所(余裕)を用意しておきましょう。

繊細さんにおすすめしたい生き方②0か100かで物事を決めない

grayscale photography of closed window

繊細さんは世の中で起きることを0か100で分けて決めてしまうことがあります。

しかし時には50や30といったグレーなことがあって当然です。

全てにおいて良い悪いの二択で判断してしまうのでなく、これは曖昧でもしょうがないと思う様なことに対して考え詰めて結論を求めないようにしましょう。

その様な考え方が行き過ぎてしまうときっと自分自身も疲れてしまう様に思います。

繊細さんにおすすめしたい生き方③刺激を避ける意識をする

cup of cappuccino

繊細さんにとって自分を疲労させる要因は「刺激」になります。

刺激とは人、匂い、光、音など日常生活に触れる何気ないことが脳を疲弊させています。

特にいつも人に対して気を遣ってしまう繊細さんにとって人は気を付けないといけない点になります。

なるべく苦手だなと思う人とは付き合わない、人の陰口を言う様な会話には付き合わないといった自分にとってはプラスにならない人付き合いは極力減らしていきたいものです。

繊細さんにおすすめしたい生き方 を読んだあとのおすすめ記事

ツールバーへスキップ