HSPとの付き合い方

繊細さんあるある

繊細さんが見れば「あ~これ私もそうだ!」と思う様な細かい出来事ってあると思うので挙げてみました。

気付いたりお聞きしたことを随時更新していきますね。

HSP(Highly Sensitive Person)ハイリー・センシティブ・パーソンとは

HSPとは1996年アメリカの心理学者のエレイン・N・アーロンにより提唱されたHighly sensitive personの略で高い感覚処理感受性を有する人、または気質のことを指します。

HSPの特徴

  • 一つのことを深く考えるのが好き
  • 共感しやすい
  • 感受性が豊か
  • 人にやさしくできる
  • 大きな音や光の刺激が苦手
  • 人混みが苦手
  • 気を読み過ぎて疲れる
  • 近くで誰かが怒られていると自分が怒られている様な気分になる
  • 忘れたい過去が繰り返し蘇る
  • 他人に何か指摘されると中々そのことが頭から離れない
  • 周りが自分をどう思っているか強く気になり不安になる

繊細さんあるある

・ぼーっと物思いにふけることがある(そうしているのが好き)
・共感力が高い。
・困っている人がいると助けたくなる(実際に助ける場合も)。
・突発的な仕事やマルチタスクになると頭がパンクする。
・話している人の顔色や気持ちを気にして発言する内容を頻繁に変える。
・すぐにびっくりしてしまう。
・音や光に敏感。
・空腹に我慢できない。
・今まで見たことない新しい場所に行くことに興味がある。
・暴力的な映像を見るとドキドキしたり疲れる。
・人に何か言われると否定から入るのでなく共感できる。
・何気ない風景や音楽、出来事に感動する。
・他人に迷惑をかけない様に常に気を付けている。
・2人や3人で話していると話せるのに4,5人と増えていくと気を遣って話せなくなる。
・コーヒーを飲むと肩が凝ったり気持ちが高ぶって落ち着きなくなる。

繊細さんあるあるを読んだあとのおすすめ記事