HSPと芸能人

深田恭子さんを襲った適応障害とは?

本日報道で女優の深田恭子さんが適応障害の療養の為、しばらく活動を休止されると発表がありました。

普段華やかなイメージがある芸能界において、精神の不調で活動を休止されるということに少し違和感を感じた方もいるのではないでしょうか?

普段はHSP(ハイリーセンシティブパーソン)についてお話をしていますが、このページでは深田恭子さんがなってしまった適応障害という状態についてお話していきます。

深田恭子さんを襲った適応障害とは?① どんな状態か

cat lying down in bed
Photo by Gaelle Marcel on Unsplash



適応障害とはある特定の状況や環境が自分にとって非常にストレスを感じる状況で、そのストレスが自分が耐えうるキャパを超えてしまうことを指します。

そして「落ち込みやすいなどの気分の変化」や「布団から出たくない」、「何もしたくない」といった症状が出て、日常生活に影響が出る疾患です。

その症状は何も興味が湧かず優うつ状態な続いたり、イライラしたり、お酒を飲み過ぎてしまったりとひとそれぞれです。

深田恭子さんを襲った適応障害とは?② 鬱病なのか

Woman sleeping
Photo by Annie Spratt on Unsplash

適応障害の場合何が原因かはっきりしていることが多く、その点が鬱病との違いになります。

しかし適応障害の状態が継続することで、うつ病に進展することもあります。

鬱病の場合症状の引き金になる様な事象がないのにも関わらず発症してしまうことが多いです。

深田恭子さんを襲った適応障害とは?③ 治療法

white book marker on book page
Photo by Olia Gozha on Unsplash

何よりも原因の環境や状況から外れて休養することになります。

また勘違いされやすいのは、適応障害とは『適応できなかった』と思われがちですが、多くの人が『過剰に適応して(合わせて)いた』のであり、その結果脳や体が疲れ切ってしまったというケースになります。

深田恭子さんも場合も活動を休止されることでしばらくご自宅で療養されることになるでしょうから、一定期間を経て復帰が可能と思われます。

出演予定だったドラマも降板されるということでこれは正しい判断だったはずです。

深田恭子さんを襲った適応障害とは?④ 原因

woman posing beside lite window
Photo by Jakob Owens on Unsplash

報道されている内容だとはっきりとした理由が書かれていなかったのですが、例えばドラマや番組の撮影現場に関しては非常に強いストレスがかかる状況と推測できる為、その可能性はあるかと思います。

ただプライベートなことでもストレス反応が出て適応障害になることはありますので一概に仕事が原因とはいえないのかなといったところです。

深田恭子さんを襲った適応障害とは?⑤ まとめ

実は適応障害については私もなったことがあるのですが、私の場合は環境の変化でした。

これまで住んでいた場所や環境が急に変わったことにより準備不足だったというか、自分の気持ちが整理できていなかったことが原因だったと思います。

そしてそれを受け入れようと無理をしていました。

こういった形でよく考えるとみると思いあたる何かしらの原因があります。

いま何か強いストレスにさらされて我慢している方は専門医やカウンセラーに相談をしてケアを怠らない様にしましょう。

深田恭子さんを襲った適応障害とは?を読んだあとのおすすめ記事

開業価格/HSPに関する質問とご相談お受けします 現役HSP心理カウンセラーによるカウンセリング