管理人のぼやき。

HSPは息詰まったら新しい場所へ

まだ私は会社員としてばりばり働いている時に満員電車の中でこういった文章をネット記事で見ました。

もし仕事に行きたくなくなったら、そのまま反対の電車に乗って、
海を見に行くといいよ。

海辺の酒屋でビールとピーナツ買って、海岸に座って
陽に当たりながら飲むといいよ。

ビールが無くなったら、そのまま仰向けに寝ころんで、
流れる雲をずっと眺めるといいよ。

そんな穏やかな時間がキミを待ってるのに、何も無理して
仕事になんか行く必要ないよ。

会社へ行くなと勧めているわけではないのですが(笑)
これはあながち間違えてないかなと思っています。

HSPは息詰まったら新しい場所へのまとめ

yellow Volkswagen van on road
Photo by Dino Reichmuth on Unsplash


HSPにとって日々ほぼ場所で同じ仕事をすることはその感受性の高さを活かすことができず息苦しさが溜まっていく一方になっていくと思います。


休みの日にまだ行った事がない土地、お店、料理に触れると頭の中が急に晴れ、「明日も頑張ろう」と思える様になることがあります。


これは非日常的な美しい物や風景からエネルギーを得たということです。

HSPその感受性の高さを活かして、非HSPにはない感動と共に生活していくことができるのです。

HSPは息詰まったら新しい場所へを読んだあとのおすすめ記事