HSPとの付き合い方

不安症なHSPさんに伝えたいこと

\満足度93%のHSP相談はこちら/

<提携先オンラインカウンセリング>

普段とても明るく話も聞き上手で周りの信頼も厚いあなた。しかし裏では非常に傷つきやすかったり不安を感じやすかったりしていませんか?

世の中は刺激に溢れていてフィルターなしで物事を受け止めてしまうHSPにとってはとても行き辛くなっています。何か分からない不安感に襲われているHSPも数多くいることでしょう。
今日はそんなHSPの不安が少し和らぐ様な内容をお届けします。

不安症なHSPさんに伝えたいこと①
HSPがなぜ不安なのか知ること

HSPが刺激を感じやすい原因は脳の「扁桃体(へんとうたい)」の働きが生まれつき強いと言われていて扁桃体は、不安や恐怖を感じたときに活動する部位です。扁桃体の活動には個人差があります。



この過敏さには神経伝達物質「セロトニン」が関係していてセロトニンには扁桃体の興奮を抑える役割があるのですが、「セロトニンを運ぶポンプの働き」が生まれつき弱い人がいるというのが事実の様です。

不安症なHSPさんに伝えたいこと②
感じたことを見つめること

HSPのあなたが日常生活で理由が分からない不安を感じたとしてもそれは
決して悪いことではありません。
心が無意識にそして反射的に感じただけでそれは本当のあなたの気持ちではありません。

例えば、川のせせらぎを見ていてある時落ち葉が流れてきてそれを拾い上げまた川に流す様に心で感じたことを見つけてゆっくりと流していきましょう。

不安症なHSPさんに伝えたいこと③
あなたが悪いわけではない

HSPは周りに気を遣い過ぎて周りの期待に応えられなかったり、うまくいかないでき事があると自分を責めてしまう面があります。

どんな時もあなた一人が100%の力を出しても上手くいかないことは世の中にはあって、時にはそれを受け入れてあげることも大切です。
高い目標を持つことは当然大事なのですが、それができないからといって自分を責めるのはやめましょう。

不安症なHSPさんに伝えたいこと を読んだあとのおすすめ記事

ツールバーへスキップ